夏休みに親子で作ろうアロマグッズ

親にとっては大変な長い夏休みの消化にアロマグッズ実習なんていかがですか?

親にとっては大変な長い夏休みの消化にアロマグッズ実習なんていかがですか?


今回は子どもたちと簡単なアロマグッズを作ってみましょう。なるべく材料も少なく、おうちにあるものを活用できて、子どもたちでも使えるもの。
このようなポイントを押さえて作るアロマグッズはこちらです。

  • 服や持ち物につけられる虫除けアロマスプレー
  • 遊び疲れを癒すアロマバスバッグ

子どもとアロマグッズ作りを楽しむ時のポイント

肌につくと刺激になるもの(エッセンシャルオイル、無水エタノール)の取り扱いに注意しましょう。
エッセンシャルオイルは原液をそのまま肌につけてはいけないので、つかないように注意をしながら作りましょう。

もしついた場合は、慌てずに、とにかくたくさんの水で洗い流します。たいていはそれで大丈夫です。(万一、ひどい場合は病院を受診してください)

怖いのは、エッセンシャルオイルが手についたことを言ってくれず、子どもがそのまま目、口、鼻に触れてしまう事です。粘膜は繊細なので、十分に気を付けてください。

もし手についていないと子どもが言っても、実習後はみんなきれいに手を洗ってくださいね。


さあ!実践です。
実際に小学生3人(低学年と高学年)の女の子と一緒に実習したレポートをご紹介します。