ハッカ油?ヒバ油?近年人気の和のアロマ

ハッカ油やヒバ油など和の国産アロマが人気

ハッカ油やヒバ油など和の国産アロマが人気

近年、ハッカ油が人気でしたが、アロマ業界では今、「和の香り」が人気です。和の香りとはアロマオイル(エッセンシャルオイル/精油)の原料が国産植物の香りのことを言います。国産アロマなんて呼び方もありますが、通常、アロマテラピーで国産植物が使われることはあまりありません。

アロマオイル(エッセンシャルオイル/精油)で代表的とされるペパーミント、ローズ、オレンジ、ローズマリーなどは海外の原料を蒸留して香りがとられています。ここ数年の間で、日本に育つ植物からとったアロマが注目されはじめています。ユズやコナツといった柑橘系をはじめ、ヒバ、ヒノキ、クロモジなどの樹木系などがあります。

日本で育った原料なので、なんとなく愛着も増し、また香りも馴染みがあったり、懐かしい思いがしたりなど、受け入れやすいニュアンスを持っています。ハッカ油も話題でしたが、今回はじわじわ人気のヒバからとったアロマ、ヒバ油をご紹介します。


ヒバとは?

針葉樹

ヒバにもいろいろな種類があります

ヒバにはいくつか種類がありますが、天然林では青森県で産出された「青森ヒバ(学名Thujopsis dolabrata)」が有名です。青森ヒバは日本固有の針葉樹で、木曽ヒノキ、秋田スギと並ぶ日本三大美林の一つに挙げられる樹木。ヒノキ科アスナロ属、ヒノキアスナロという和名をもちます。日陰を好む陰樹で、少しの光でも育ち樹齢何百年のものもあるといいます。


青森ヒバの特徴

青森ヒバ

青森ヒバ

青森ヒバは腐りにくい、耐水性があるなど建築材とをはじめ、優れたその性質をいかして多方面で活用されています。シロアリを寄せ付けないというのもその1つで、材木として優秀なため、キッチン用品からお風呂まで広く日用品に活用されています。

 

ヒバのエッセンシャルオイル

ヒバのエッセンシャルオイル(アロマオイル/精油)は木の部分(木部)を水蒸気蒸留してオイル分を採取します。例えれば、ヒノキの香りに似た上品な木の香り。ヒノキ風呂が好きな人なら誰でも好きだと思います。


青森ヒバのアロマオイルの香り

ヒバのエッセンシャルオイル

メジャーではないければじわじわ人気のヒバのアロマ

苦み、渋みを感じる正統派な日本の樹木の香りという印象です。似た香りにヒノキのアロマがありますが、ヒノキオイルの香りと比べやや重く、より樹皮や、土っぽさを思わせるウッディ系の香り。色で例えると、深いこげ茶の材木を連想させます。

ヒバの香りはは男性的、ヒノキは女性的だなと感じることもあります。ウッディ系はたいていそうですがヒバの香りもベースノート(香りが残ります)で、じんわりと香りが漂います。ゆったり香るその感じが安らぎ感を与え、リラックスしたいとき、気持ちを落ち着かせたいときにおすすめです。

殺菌・抗菌力がすごい!ヒノキチオール

抗菌

ヒノキチオールは優れた殺菌、抗菌、抗真菌などうれしい効果が期待できます

青森ヒバのエッセンシャルオイル(精油)に含まれる成分は約40種ほどあるといわれます。そのなかでも注目されるのは「ヒノキチオール」。ヒノキチオールは、1930年代にタイワンヒノキのエッセンシャルオイル成分から発見されました。

ヒノキチオールは非常に優れた殺菌・抗菌作用、さらに抗真菌(カビにも有効)、ダニにもいいとされます。また消炎作用もあるとされています。

ヒノキチオールはその名前から、日本のヒノキにも多く含まれていると思いがちですが、一般的な日本のヒノキにはヒノキチオールはほとんど含まれていません。ヒノキチオールという成分を含むヒノキは「タイワンヒノキ」という種類です。タイワンヒノキは自生数が減少していて、現在天然ヒノキチオールを抽出できる原料は、そのほとんどが青森ひばとされます。


>>次ページではヒバオイルの活用方法をご紹介します