紫外線が肌に与える影響

beach

ビーチパラソルの下にいるときも、紫外線対策は大切です。なぜなら太陽からの直接放射は遮断出来ても、横から侵入する拡散放射には無防備で、それが全紫外線の30%を占めるためです。

みなさま、夏の休暇を楽しまれていますか。夏はビーチなどのリゾート地に行かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。紫外線はビタミンDの合成を促してくれますが、それ以外には害も大きいので、しっかりUV対策&日焼け後のケアを行いたいものです。

目には見えない紫外線が肌に与える影響は大きくわけて2つあります。ひとつめは、メラニンの産生を促進させ、肌を黒化させること。ふたつめは、光老化により、シワを形成することです。

紫外線に対して、皮膚には、もともと防御機構が備わっています。紫外線が皮膚にあたると、表面の細かい凹凸で、UVBの一部は拡散されます。また、表皮を通過し真皮まで到達した紫外線(UVA)もメラノサイトが作るメラニンで防がれます。そのため、メラニンが少ないほど、紫外線に敏感なのです。また、日本人が西洋人に比べてシワが出来にくいのは、日本人の肌に多く含まれるメラニンと関係がありますので、メラニンはよい役割もしているのです。

しかし、紫外線を過剰にあびると、メラニンの生成が活発になってしまいます。メラニンを作り出すのは表皮の奥の基底層という部分にある色素細胞(メラノサイト)で、日本人の場合は、紫外線により茶褐色のシミが出来やすいと言われています。

シミのもととなるメラニンの多くは、古い角質とともにはがれおちるものですが、年齢とともに肌の代謝サイクルが遅く、排出しきれなくなると、シミになってしまいます。

日焼けしてしまった時には、アロマでケア

sun

日焼けは、浴びてしまった紫外線の量がメラニンの保護能力を超えたときに生じます。そのため、色白の人ほど、注意が必要です。写真は、サンバーンの状態。これは、紫外線UVBが表皮を透過し、真皮乳頭体まで達し、乳頭体内の毛細血管が炎症し充血を起こして、皮膚が赤い色になった状態のことです

日焼け止めを塗っていても、暑い時期には、汗で流れてしまうこともあったり、完全に紫外線を防ぐことはなかなか難しいものですよね。

万一、ビーチやプール等で日焼けをし、肌に赤みが出てしまった場合は、できるだけ早くシャワーを浴び、ケアをはじめてください。肌に残った日焼け止め、汗、プールの塩素水や海水は、日焼けで敏感になった肌を刺激してしまうため、低刺激のボディーソープで洗い流しましょう。

その後、肌に、冷蔵庫で冷やしたハーブーローション(作り方は下記を参照)をたっぷり含ませたコットンパックを行います。コットンが乾燥する前に再度スプレーしパックをしていると、軽い日焼けならば、15分ほどで肌の赤みが鎮静してくると思います。コットンパックの後には、通常のお手入れを行ってください。スペシャルケアとしては、クレイバックも良いでしょう。

次のページでは、ハーブローションやクレイパックなどのレシピをご紹介いたします。