秋田名物きりたんぽ鍋の作り方!おいしいスープの簡単レシピ

所要時間:60分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋

 

家庭で作る、おいしいスープのきりたんぽ鍋レシピ

新米をやや硬めに炊き、これをすりこ木でこねて秋田杉の太い串にからめて竹輪のような形にし、囲炉裏で焼いたものがきりたんぽです。このきりたんぽと比内地鶏を組み合わせて、たまり醤油で味つけ、セリを根っこごと入れるのが、横手(秋田県)の義母のやり方です。

初めて食べた時、あまりのおいしさに驚いたことを今でも忘れません。うちには秋田杉の串も、比内地鶏も囲炉裏もたまり醤油もありませんが、おいしいきりたんぽ鍋を作りました。家庭で簡単にできるレシピです。

きりたんぽ鍋の材料(3人分

きりたんぽ
3合(2回分できます)
少々(塩水用の塩)
適量(塩水用の水)
鍋具材
鶏肉 もも肉と胸肉1枚ずつ
豆腐 1/2丁
しらたき 1個
ごぼう 1本
白菜 1/6個
ねぎ 2本
セリ 1ワ
なめこ 1袋
えのき 1袋
しめじ 1袋
鍋つゆ
7カップ
鶏ガラスープの素 大さじ3
だしの素 いりこだしかかつおだしの素小さじ1
100cc
みりん 大さじ2と1/2
醤油 大さじ5
小さじ1/2
きりたんぽと鶏肉、ゴボウ、ネギ、しらたき、茸類数種、セリがあればきりたんぽ鍋は成立しますので、後は好みの材料で。セリが手に入らなければ春菊でもかまいません。

きりたんぽ鍋の作り方・手順

きりたんぽを作る

1:炊き立てのご飯をすりこ木でつく

炊き立てのご飯をすりこ木でつく
炊き立てのご飯を、粘りがでるまですりこ木でつく。新米でない場合や、冷ご飯を温めて使う際は、片栗粉を少々加えてからつぶす。
ご飯の粒が残る程度につぶす。

2:割り箸にからめる

割り箸にからめる
塩味を感じる程度の塩水を用意する。これを手につけて割り箸にご飯をからめる。 割り箸を割らないで使用。

3:まな板の上で転がして形を整える

まな板の上で転がして形を整える
手の平に塩水をつけながら、まな板の上でコロコロ転がして、形を整える。

4:焼く

焼く
焼き網の上でゆっくりじっくり焼く。表面を手で触って、カリッとなって、手にくっつかないくらいになったら焼き上がり。熱いうちに割り箸をひねって抜く。

きりたんぽは冷凍保存可能。 本来は囲炉裏で、強火の遠火でほんのりキツネ色に焼くもの。

きりたんぽ鍋を作る

5:材料を切る

材料を切る
鶏肉は小さめのぶつ切りに。

エノキは根元を切り落として2つに切る。シメジは根元を切って手でほぐす。ナメコはさっと洗う。

ゴボウはささがきにして水にさらして水を切る。白菜はざっくり、長ネギは斜めに切る。セリはヒゲ根をしっかり洗って泥を落として切る。

豆腐は四角に切る。しらたきは茹でる。

きりたんぽは斜めに切る。

6:スープを作り、煮えづらい材料から入れていく

スープを作り、煮えづらい材料から入れていく
鍋に水を沸かし、スープの素、調味料を入れ、煮立ったところで、鶏肉、ささがきゴボウを入れて煮る。 
汁ごと食べるお鍋なので薄味仕立て。

7:ゴボウが煮えたら他の材料を入れていく

ゴボウが煮えたら他の材料を入れていく
ゴボウが煮えて鶏肉からおいしいダシが出たところで、しらたき、白菜、豆腐、茸、ネギを入れていく。 シャキシャキのネギが好みならば、ネギは後回しに。

8:最後にきりたんぽとセリを入れる

最後にきりたんぽとセリを入れる
他の材料が煮えたところで、きりたんぽを入れ、味がしみたらセリを入れる。 きりたんぽは全部入れてしまわずに、食べたら入れるを繰り返した方が良い。

ガイドのワンポイントアドバイス

鳥ガラでスープを取れば最高ですが、鶏肉からもおいしいダシがでますし、ダシの素を2種類使うことで味に深みが出ます。鍋に入れる際は煮えづらい材料から煮ていきます。最初からきりたんぽを入れると煮崩れてしまうので、気をつけてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。