アロマで消臭対策! タバコとトイレの匂いを改善

アロマで消臭!タバコやトイレの臭いを消す方法

アロマで消臭!タバコやトイレの臭いを消す方法


今回は家の中の気になる臭い。タバコとトイレ周辺に限定して、ふさわしいアロマのご紹介、消臭・脱臭や香り付けする方法をお教えします。

【部屋の中の気になる臭い】  

タバコの臭いをアロマで消臭

アロマでたばこの匂いを消臭

吸わない人からするとタバコの匂いは頭痛の原因にもなりかねません


煙と共に広がってしまうタバコの臭い。避けようにも避けようがありません。おうちならカーテンや壁に、外出先であれば髪の毛や衣類に臭いが付着します。

髪の毛などは洗うと問題ありませんが、洗えないものにはアロマオイルを普段から部屋に広げたり、吹きつけて香りを移行させていきましょう。特にウッディ系の香りはタバコの臭いと混ざっても、まったく違和感がありません。タバコも元はといえば植物です。

 

タバコの消臭におすすめのアロマ

  • ユーカリ:すっとする葉っぱの香りがタバコの臭いと混ざっても違和感がありません。
  • ローズウッド:ウッディ調にやや甘いニュアンスが加わりタバコの臭いをマスキングしてくれます。
■香り選びのポイント
いずれもあまり濃くないウッディ系の香りがいいでしょう!

 

アロマルームコロンの作り方・使い方

タバコの臭い消し・消臭には、アロマルームコロンをこまめに使いましょう。50mlサイズぐらいのスプレー容器を1つ手の届くところに置いておき気になったらすぐにスプレーしてみてください。外出先では10~20mlサイズ程度がポーチにも入って手軽。私もいつも携帯しています!

■材料
  • エッセンシャルオイル/アロマオイル:10~15滴。ユーカリ10滴&ラベンダー5滴などブレンドもOK!
  • 無水エタノール:小さじ半分ほど
  • 市販の飲用水/軟水ミネラルウォーター:40ml

■作り方・使い方
  1. スプレー容器に無水エタノールを入れる。
  2. エッセンシャルオイルを入れる。
  3. 水を加えて入れて完成。
スプレー容器に無水エタノールを入れて、エッセンシャルオイルを入れて、そこへ水を入れて完成。

よく振ってから、カーテン、衣類、エアコンのフィルターにシュッと吹き付けましょう。髪の毛につけてもOKです。色がついていないエッセンシャルオイルを選ぶといいでしょう。

 

トイレの臭いをアロマで消臭

芳香剤をアロマで手作りしよう

芳香剤をアロマで手作りしよう


いつだったか、出張セミナーでアロマテラピー講師として伺った先で「ラベンダーってトイレの芳香剤の匂いですよね?」と言われ、愕然としたことがありました。

私たちのような古くからアロマテラピーに携わるものにとってはラベンダーが芳香剤などというイメージはまったくありません。しかし今は結構ラベンダーは芳香剤に使われているようなのです。

寝室でラベンダーの香りを広げて、そのままイメージがトイレと重なるようでは、リラックスどころではありません。ラベンダーの香り=トイレというイメージがつき、変な印象を付けられてしまうのはアロマテラピーガイドとしては本意ではないのです。

そのためトイレなどでは、数種類の香りをブレンドして、複雑な香りにするのがポイント。香りと記憶は非常に密接なつながりがあります。アロマ=トイレ、なんて避けたいですね!

 

トイレの芳香におすすめのアロマ

  • ベチバー:香りが残りやすいのが利点。渋めの香りです。
  • タイム:薬草系の香り。少し甘みもあります。
  • カユプテ:すっきり系の香り。いやみがありません。
  • ティートリー:こちらも薬草系の香り。抗菌効果にも優れます。
全部のエッセンシャルオイルをそろえるのが大変であれば、何種かでもOKです。とにかく、1種類が際たつことがないようにするのが私からのアドバイスです!

■香り選びのポイント
数種類混ぜて、香りを複雑にすることで特定のエッセンシャルオイルにトイレの印象を与えてしまわないこと!またレモン、オレンジなど食べ物のエッセンシャルオイルもあまりオススメしません。

 

トイレの芳香剤の作り方・使い方

■トイレの芳香剤の材料 上で紹介したこれらのトイレの芳香におすすめのアロマをすべて混ぜて使います。

■トイレの芳香剤の作り方・使い方
  1. 容器に重曹を適量入れます。
  2. 4種類のアロマを合計約5~10滴ずつ入れて完成。
あとは芳香剤をトイレに置いておくだけ。香りの強さはお好みで調節してください。香りは数日で消えると思います。適量ずつ補いましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。