カユプテ

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/2/7/5/2/cajuput01.jpg
「カユプテ」はマレー語で「白い木」を意味するとか。別名「ホワイトティートゥリー」
Melaleuca cajuputi
フトモモ科の木本
葉と小枝からエッセンシャルオイルを採る


背の高い常緑樹であるカユプテは、別名PaperBarkTreeといいます。白~ピンク色がかった紙のような繊維質の樹は軟らかく、層になっており、簡単に手ではがせます。葉はお茶に加工されるといいます。オーストラリアからマレーシアの海辺の湿地で自生します。

同じフトモモ科の精油に、ティートゥリーやユーカリがあります!これらはとても有名。これから寒くなると欠かせないオイルですね。カユプテの香りはどちらかというと、ユーカリに似ていて、ユーカリを少し優しくした印象です。

カユプテ精油には殺菌作用があり、殺虫、興奮、胃腸の殺菌、鎮痛、抗空気感染症作用があります。

カユプテの活用法!

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/2/7/5/2/kids02.jpg
日々の健康管理に役立てましょう
  • 風邪による呼吸器のトラブルに…


  • 風邪の季節のディフューザーにオススメです!古くは喘息にも使われたといわれます。のど飴、うがい薬などに使われています。

  • おだやかな鎮痛作用があります


  • 神経痛、頭痛、筋肉のこりなどに。お風呂に入れてみてはどうでしょうか。バスタブにカユプテを1~3滴落とし、よくかき混ぜます。ハーブ調のす~っとした香りが薬草風呂をイメージさせます。

  • 駆虫の効果も!


  • ワンダー・セラー著『84の精油』によるとアタマジラミにも良いそうです。子どもの頭にカユプテで作ったローションをふってから、髪をとかしてあげると予防になるでしょう。皮膚が弱い場合などは、配慮してくださいね。また、3歳以上の子どもに使ってください。


【材料】
  • カユプテ1滴
  • ミネラルウォーターまたはラベンダーウォーターやカモミールウォーター100ml


【作り方】
上記材料をよくかき混ぜるだけです。
ガラスのスプレー容器で作ると使いやすいですよ。
使う前にはよく振りましょう。


■ ガイドからひとこと提案
濃度が高いと皮膚を刺激することがあります。ご注意を。いつもティートゥリーやユーカリばかり使っている…なんて方はカユプテ初挑戦してみてくださいね!




(参考文献)
『アロマテラピーのための84の精油』ワンダー・セラー著 高山林太郎訳(フレグランスジャーナル社)
『ハーブの写真図鑑』レスリー・ブレムネス著 高橋良孝日本語版監修(株式会社日本ヴォーグ社)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。