天津丼レシピ カニ缶で簡単ふわとろ

所要時間:10分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物天津飯

 

天津丼を家庭で簡単に作れるレシピ

ご飯の上に、分厚くてふわふわのかに玉がのっかり、熱々の甘酢あんがとろりとかけられている天津丼(=天津飯)。

中華料理店ではおなじみの人気メニューですが、家庭でも意外と簡単に作ることができます。今回は蟹の身の代わりにカニ缶を使っていますが、カニカマを使っても、それなりに美味しくなるのも魅力の1つです。かに玉は1人分ずつ作るとうまく行きます。

炊飯器で作る、ジャンボかに玉のレシピはこちら

天津丼の材料(2人分

かにたま
6個
蟹の缶詰 小1缶
干ししいたけ 1枚
たけのこ ゆでたもの 40g
ねぎ 1/2本
少々
こしょう 少々
ごま油 小さじ1
サラダ油 大さじ2~3
甘酢あん
200cc
スープの素 (固形)1/2個
大さじ3
大さじ1
トマトケチャップ 小さじ2
醤油 小さじ2
砂糖 大さじ2
小さじ1/2
生姜 (生姜汁又はパウダー)少々
片栗粉 大さじ1
その他
かいわれ大根 青味として少々
蟹缶を使いましたが、蟹脚(冷凍でも)でもいいです。

天津丼の作り方・手順

天津丼を作る

1:甘酢あんの材料を混ぜておく

甘酢あんの材料を混ぜておく
片栗粉以外の甘酢あんの材料を混ぜておく。 固形スープは手で砕く。生姜はパウダーでも生姜汁でも可。

2:材料を切る

材料を切る
乾し椎茸は水で戻して細切り。長ネギは斜めに細切り、竹の子も長さを合わせて細く切る。
カニカマやカニ脚を使う場合は、ざっくりほぐしておく。

3:ごま油でさっと炒めて塩コショウ

ごま油でさっと炒めて塩コショウ
フライパンにごま油を熱し、椎茸と竹の子を炒め、長ネギを加えて炒めて軽く塩コショウして粗熱を取る。

4:卵と具を混ぜる

卵と具を混ぜる
卵3個を軽くほぐし、炒めた具を半分、カニを半分入れてさっと混ぜる。 1人前ずつ作る。

5:焼く

焼く
中華なべを熱し、多めに油を入れてなじませ、大さじ1強の油を残して余分な油をあけ、かにたま液を流し入れる。

6:手早くかきまぜる

手早くかきまぜる
手早く大きくかきまぜて半熟状態にし、周囲を丸く整えてすこし焼く。  鍋を回しながら、まんべんなく焼く。

7:一気に裏返す

一気に裏返す
底が固まったらフライ返しを差し込んで、鍋を上下に振りながら一気に裏返す。

8:鍋を回して少し焼く

鍋を回して少し焼く
鍋を回しながら色よく焼く。 中は半熟状態が望ましい。

9:器にご飯を盛り、かにたまをのせる

器にご飯を盛り、かにたまをのせる
器にご飯を盛る。鍋肌を滑らせるようにしてかにたまを移す。 同様に、もう一人分のかにたまを焼いてご飯にのせる。

10:甘酢あんを作る

甘酢あんを作る
鍋をペーパーで拭いて、甘酢あんの材料を注ぎ入れる。沸いてきたら水溶き片栗粉でとろみをつけ、強火にして一煮立ちさせる。 あらかじめ同量の水で片栗粉を溶いておく。

11:かにたまの上に甘酢あんをかける

かにたまの上に甘酢あんをかける
かにたまの上から甘酢あんをかける。かいわれ菜を散らして出来上がり。

ガイドのワンポイントアドバイス

安い蟹のほぐし身缶でも十分おいしくなります。蟹脚を使えば赤い色が浮き出て豪華になります。かにたまを裏返すのが少し難しいかもしれませんが、多少の失敗はあんが綺麗にカバーしてくれます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。