残り物変身メニュー あんかけ焼きおにぎり

所要時間:10分

カテゴリー:おにぎり焼きおにぎり

 

カリッと香ばしいおにぎりに、熱々とろとろのあんをかける!

冷蔵庫の残りものと、前日の残りご飯で作れる、簡単で安上がりなのに豪華に見える一品です。カリッと焼いた香ばしい焼きおにぎりの上に、中華風味のあんをかけるだけです。どこの家にもありそうな材料と調味料だけで作れます。カリッ、ふんわり、とろ~りが同時に味わえます。この完成度なら、お客様にも堂々とお出しできると思います。

あんかけ焼きおにぎりの材料(2人分

焼きおにぎり
ご飯 300~400g
白ごま 小さじ1
醤油 少々
あん
鶏肉 50~60g
もやし 60g
にんじん 15g
しめじ 15g
干ししいたけ スライス6枚
ピーマン 1/2個
さやいんげん 2本
生姜 みじん切り小さじ1/2
ニンニク みじん切り小さじ1/2
調味料・その他
椎茸の戻し汁+水=1カップ 
スープの素 固形スープ1/2個
大さじ1
醤油 大さじ1
砂糖 小さじ1/2
少々
こしょう 少々
サラダ油 大さじ1
ごま油 小さじ1
片栗粉 大さじ1 (水溶き片栗粉用)
ねぎ 白髪ねぎ適宜
鶏の胸肉を使いましたが、豚肉やひき肉でもおいしく作れます。

あんかけ焼きおにぎりの作り方・手順

焼きおにぎりを作る

1:ご飯に白ごまを混ぜておにぎりを作る

ご飯に白ごまを混ぜておにぎりを作る
ご飯に白ごまを混ぜておにぎりにする。


冷たいご飯を使う場合は、レンジで少し温めてからの方が握りやすい

2:焼く

焼く
焼き網を熱し、おにぎりをじっくり焼く。カリッと焼けたら、表面に醤油をぬって焼いて、香ばしさを出す。
グリルやオーブントースターで焼いてもOK

あんを作る

3:具材を切る

具材を切る
干ししいたけは水で戻す。もやしはひげ根を取る。にんじん、ピーマンは細切りにする。しめじは一本ずつほぐす。さやいんげんは斜めに切って塩ゆでする。鶏肉は細く切って軽く塩こしょうする。
しいたけの戻し汁はとっておく

4:生姜、ニンニク、鶏肉を炒める

生姜、ニンニク、鶏肉を炒める
中華鍋をから焼きしてからサラダ油を入れ、生姜、ニンニク、鶏肉を入れて炒める。

5:野菜を入れて炒める

野菜を入れて炒める
肉が白くなったら、しいたけ、にんじん、しめじ、もやし、ピーマンを入れて炒める。
硬いもの順に入れる

6:酒、水、スープの素、調味料を加える

酒、水、スープの素、調味料を加える
全体に油がなじんだら、酒をふりかけ、水と戻し汁を加え、スープの素を手で砕いて加え、醤油、砂糖、こしょうを加えて煮立てる。
味見して一味たりないと感じたら、塩こしょうで調整する

7:水溶き片栗粉でとろみをつけ、さやいんげんとごま油を入れる

水溶き片栗粉でとろみをつけ、さやいんげんとごま油を入れる
水溶き片栗粉でとろみをつけ、さやいんげんとごま油を加え、大きく混ぜ合わせる。
あらかじめ、片栗粉に同量の水を加えて溶いておく

8:焼きおにぎりにかける

焼きおにぎりにかける
焼きおにぎりの上にあんをかける。

9:白髪ねぎをのせる

白髪ねぎをのせる
白髪ねぎを天盛りして、お好みで練り辛子を添える。
白髪ねぎ=ねぎの白い部分を千切りにして水に放す

ガイドのワンポイントアドバイス

おにぎりは、食べる人に合わせて大きさを変えます。水溶き片栗粉は、煮汁が煮立った状態の時に加えましょう。そうしないと濁ったあんになります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。