東口、西口の差に加え、
地域で異なる住環境に注意

風俗営業の多い地域
西口側にはホテルや風俗営業の多い一画があり、トラブルも少なくない
池袋に住むことを考えたとき、頭に入れておいていただきたいのは、同じ池袋でも東口、西口で、また、その中でも道1本の違いで住環境が変わること。特に駅周辺には、風俗店やホテルなどが多く、女性にはあまり楽しくない区画などもありますから、十分な注意が必要です。

サンシャインシティに向かう通り
サンシャインシティ周辺から線路方面に向かってが特に繁華なエリア
まず、東口ですが、こちらは西武のある側で、サンシャインシティあたりまでが商業施設と飲食店などが集積する繁華な地域になっています。それ以遠、東京メトロ有楽町線東池袋周辺は最近、再開発が終わり、住宅を中心に生まれ変わったエリアですが、再開発地域以外は古い、小さな住宅が密集する地域も残る、古い街。特に都電荒川線周辺は路地の多い一画で、防災面からも、建て直しを進めたほうがいい地域です。ただ、古くて、手頃な賃料の賃貸物件などを探すなら、狙い目かもしれません。

東池袋の再開発エリア
東京メトロ有楽町線東池袋駅上の再開発エリア(右)。中央に見えるのがサンシャインシティ
東口側で新築マンションの供給が期待できるのは、サンシャインシティの裏側、大塚寄りの地域でしょうか。大規模な再開発は終わりましたが、比較的規模の大きな物件も期待できます。

池袋駅と周辺の位置関係概念図

池袋周辺の地図
南北にも改札はあるものの、使用頻度は少なく、メインは東口、西口の2つ。それぞれに異なる雰囲気がある


西口側の空き地
通りから少し入ると、空き地や駐車場に利用されている土地、建築計画の看板などを見かける
次に西口です。こちらは東武や立教大学、東京芸術劇場のある側で、駅周辺はやはり繁華街ではありますが、意外に駅周辺で大型賃貸マンションなど、新しい住宅も建設されており、街を歩いた印象では、まだまだ新築物件建築の余地はある様子です。

西口エリアの住宅街
西口エリアの住宅街。ごく普通の一戸建てや小規模なアパートなどが並ぶ
駅から少し離れると、通り沿い以外は一戸建てや小規模な集合住宅の多い地域。賃貸を探すのであれば、東口側よりも静かで、賃料も安め。特に女性には、こちらのエリアがお勧めです。

有楽町線要町駅
山手通りを渡ると、緑の並木がある住宅街に
さらに、山手通りを渡ると、街並みは池袋駅周辺の喧騒とはうって変わった、落ち着いた住宅街に。ここまでくると、最寄駅は東京メトロ有楽町線要町駅になりますが、池袋駅まで歩いても1.2キロほどですから、手頃さと静けさ、便利さを欲張るなら、うってつけの地域です。

中古マンションの住環境浄化対策
中古マンションの場合は入居者チェックも欠かせないポイント
さて、相場ですが、新築マンションであれば、70m2で7000万円程度、中古でも同じくらいの広さであれば5500万円~です。中古では40m2から50m2程度の物件が多く、築年数も20年~30年と古い物件が少なくないので、中古で検討する場合には大規模修繕の履歴や管理費の滞納者の有無などをよくチェックしたほうがいいでしょう。また、最近は管理組合の活躍で、だいぶ少なくなりましたが、風俗店などが多数入居、建物内が荒れてしまっている物件もあるようですから、そうした目でのチェックも大事です。

賃貸ではワンルームマンションが7万円~、2DKマンションが14万円前後といったところ。ファミリータイプは少なめで、賃料も20万円以上など高い物件が多いようです。

地下鉄副都心線に合わせて
池袋駅が変わる!

豊島区役所
東口の駅近くにある豊島区役所。区のホールなども集中している
さて、東池袋地域の再開発に続き、池袋の次の変化は、2008年に予定される、渋谷と池袋をつなぐ地下鉄副都心線の開業でしょう。これによって、池袋のターミナルとしての意味はより大きくなります。それを受け、豊島区では開業を前に、「池袋駅および駅周辺整備検討委員会」を発足させ、東西の自由通路の建設やバリアフリー化を促進していく計画を打ち出しています。複数路線が乗り入れているにも関わらず、地上での乗り換えは一部でしかできなかったため、池袋は地下通路の混雑が名物となっているほど。その改善が進めば、利用しやすい駅へ一歩前進です。

池袋のシンボルサンシャインシティ
あまり知られていないことだが、六本木ヒルズよりもサンシャインシティのほうが稼働率が高く、安定した人気を保っているのだとか。派手さはないが、実力のある池袋の街のようだ
単に店が多いというだけではなく、多面的な魅力のある街、池袋。利便性アップによって、さらに人気が高まることでしょう。

【関連記事】
「副都心線など新線で便利になる地域は?」
【シリーズバックナンバー】
「ハイソで国際的な下町『広尾』」
「中央線文化漂う住宅街『荻窪』」
「粋と新しい便利さの街『神楽坂』」
「元気、でも静かな街『学芸大学』」
「情報感度高い大人の街『表参道』」
「人に自然に優しい街『自由ヶ丘』」
「季節感と情緒、グルメの街『浅草』」
「自然、雑踏と文化の街『吉祥寺』」
「緑溢れる水辺の都会『二子玉川』」
「セレブで庶民派な街『白金』」
「元気な世田谷の下町『三軒茶屋』」
「意外に住める憧れの超都心『銀座』」
「独自性を貫く学園都市『国立』」
「最先端な庶民派国際タウン『恵比寿』」
「整然とした静かな街並みが魅力の『桜新町』」
「演劇、音楽と猥雑な活気の街『下北沢』」
「水辺に開かれるゆとりある新しい街『豊洲』」
「子どもと犬に優しい緑の地『駒沢大学』」
「急激に変化し続ける老舗の街『麻布十番』」
「商店街で有名、品川の下町『武蔵小山』」
「通勤に遊びに便利。勢いのある街『中目黒』」
「昔も今も交通の要所、変化し続ける『品川』」
「都会と郊外、両方の良さを備えた街『三鷹』」
「知る人ぞ知る、緑濃い文化の街『経堂』」
「新宿西口で進行中の再開発をチェック」
「今も憧れ、東京屈指のお屋敷街『成城学園』」
「歴史と活気あふれる東京北東部の中心『北千住』」
「東京の今を代表する24時間都市『六本木』」
「高低差が生んだ、2つの顔を持つ街『渋谷』」
「活気と自然、歴史が融合する街『千歳烏山』」
「小石川、小日向を擁する人気地域『茗荷谷』」
「ターミナルと住宅街が隣り合う街『目黒』」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。