サブ空間のある間取りで快適度UP

では、以上の配慮を取り入れた平面プランを、ひとつご紹介します。

サブ空間のある間取り例
サブ空間のある間取り例
資料提供:旭化成ホームズ株式会社
※クリックすると画像が大きく表示されます

ポイントは以下の4つとなります。
(1)2階シャワールーム
共用浴室なので子世帯専用のシャワールームを確保しました。
これで、夜遅くなっても子世帯が気がねなくシャワーを使えます。
(2)2階サブ洗面室
2階に洗面化粧台があることで、あわただしい朝の洗面がスムーズになります。
(3)2階にも洗濯機を設置
子世帯キッチン内にスペースを作り洗濯機を設置。
これで、順番を気にせずいつでも洗濯ができます。
(4)外階段
2階子世帯キッチンの勝手口から、直接出入りが可能に。
玄関を使わないので、深夜の帰宅なども気兼ねが要りません。
玄関・浴室・洗面が共用の二世帯住宅ですが、これならかなりお互いの独立性が保たれるのではないでしょうか?生理的な生活行為をする、浴室・洗面が共用である場合、どうしてもストレスにつながりがちです。是非、サブ空間を確保して、お互いの生活ペースが維持できるように計画してみて下さい。


いかがですか?このように、限られた敷地でも、ちょっとした工夫で独立性のあるプランは実現可能です。「敷地が狭いから二世帯住宅は無理...」とあきらめてしまうのではなく、いろいろな視点から検討してみて下さい。両世帯にとって、最良の案が見つかるかもしれませんよ。

【参考記事】
二世帯住宅プランニングのコツVol.1 二世帯の交流度が間取りを決める
二世帯住宅プランニングのコツVol.2 同居の相手で異なる良い間取り
二世帯住宅プランニングのコツVol.3 二世帯同居に「3つのゾーン」
二世帯住宅プランニングのコツVol.4 親世帯と子世帯どっちが上階?
二世帯住宅プランニングのコツVol.5 3階建て二世帯の意外なメリット


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。