二世帯住宅の経済的メリット

二世帯住宅は、親世帯、子世帯どちらにも経済的なメリットがあります。その内容は、大きく分けて3つです。

二世帯住宅は、親世帯、子世帯、どちらにも大きなメリットが

二世帯住宅は、親世帯、子世帯、どちらにも大きなメリットが

  1. 住宅を建てるときの費用を抑えられる
  2. 二世帯一緒に暮らすことでエネルギー消費量を削減できる(エコにつながる)
  3. 相続時に大きな効果がある

これら3つのメリットについて、順に説明していきましょう。


少ない資金で新しい家が建てられることも

第1のメリットは、住宅を建てる際の費用負担が親世帯と子世帯ともに少なくて済む場合が多いということです。

例えば、二世帯住宅は、親世帯が所有している敷地に子世帯がローンを組んで建てるケースが多く見られます。この場合、子世帯は土地を取得する費用が不要になり、建物に費用をあてられる分、より丈夫で安心な住まいを手に入れることができます。また親世帯は、古くなった住まいをリフォームするにも費用がかかりますから、子世帯と一緒に建てることで費用を抑えられ、少ない自己資金でバリアフリー対応などが充実した新しい家を手に入れることができます。

二世帯住宅ならエネルギー消費量も削減

第2のメリットは、二世帯で一緒に暮らすとエコにもつながるということです。特別な設備の導入や我慢をしなくても、2つの世帯が1つの建物に暮らし、生活の場が重なることで経済的に大きなメリットが生まれます。

2つの世帯が別々に独立して生活した場合と、二世帯住宅で生活した場合では、二世帯住宅で暮らしたほうがエネルギー消費量は少ないという調査結果が出ています。しかも、すべての生活空間を分け、各世帯が独立して暮らす独立二世帯のタイプでも同様の結果が出ているのです。これは、ヘーベルハウスの「二世帯住宅研究所」が行った「入居者アンケート調査(2007年、2012年)」で明らかになりました。

家族4人の世帯のエネルギー消費量を1.0として、この数値をもとに考えると、家族が2人の世帯のエネルギー消費量はどうなるでしょうか。実は、家族の人数が半分になっても、エネルギー消費量は0.9と、ほとんど変わりません。ところが、二世帯が同居した場合は、独立二世帯であっても、約1.5となる調査結果が出ています(下図参照)。

undefined

 

このことから、二世帯住宅では、親世帯と子世帯が別々に居住するよりも、エネルギー消費量が2~3割削減されることがわかりました。

エネルギー消費量が減る理由としては、まず、二世帯住宅にするということで建物がひとつになることによる効率化が挙げられます。さらに、食事の空間は別々でも玄関や浴室を共用したり、サブキッチンなどで世帯別の空間を設けながらも食事の時間を共有するなど、暮らしをともにする機会が増えれば増えるほど、エネルギー消費量が少なくなることも調査によって明らかになっています。
つまり、一緒に暮らすことそのものがエコな暮らしにつながり、さらに、家族の「場」が重なるほどエネルギー消費は抑えられ、光熱費の削減につながるわけです。

最近では、住宅の設備機器も省エネルギー性能を備えたものが開発されていますが、ヘーベルハウスでは、二世帯住宅のエネルギー消費量を削減する独自のシステムを開発し、実際の住宅に導入しています。それが「二世帯住宅向けエネルギーシェアシステム」。これは、二世帯で「一緒につくり、一緒につかう」という発想の新しいシステムです。

具体的には、「エネファーム」と「太陽光発電」でつくり出した電気とお湯を、2つの世帯で融通しながら効率よく使うことで、二世帯分のCO2排出量と光熱費の収支を、年間でゼロにしようというものです。このシステムを導入すると、エネルギー消費量は同居前と比較しておよそ1/10にもなります。環境にも配慮しながら家計の負担も減らせる、かなりうれしいシステムです。


第3のメリットは次ページで説明しましょう。相続時にも大きなメリットが…>>