ひなまつりのお祝いに 海鮮ちらし寿司

所要時間:60分

カテゴリー:お寿司ちらし寿司

 

彩り華やかな海鮮ちらし寿司

3月3日はひな祭り。家族で祝う食卓に、彩り華やかな海鮮ちらし寿司はいかがでしょうか? どなたにでも簡単に作れるちらし寿司は、来客時のおもてなし、ホームパーティーなど様々なシーンで重宝します。お好みの魚介を使ってぜひ作ってみましょう。

海鮮ちらし寿司の材料(3人分

魚介
マグロ 90g
サーモン 60g
ホタテ 60g
ブリ 45g
いか 30g
いくら 30g
醤油 大さじ5
みりん 大さじ2
炒り卵
3個
サラダ油 小さじ2
みりん 大さじ1
小さじ1/6
混ぜ御飯の具材
たけのこ 水煮 80g
にんじん 70g
れんこん 50g
干ししいたけ 15g
サラダ油 大さじ1
大さじ2
みりん 大さじ2
醤油 大さじ2
砂糖 大さじ1
1/2カップ
酢飯
2.5合
2と1/2カップ弱
米酢 大さじ3
砂糖 大さじ1
小さじ1/3
あしらい
大葉 8枚
きざみ海苔 少々

海鮮ちらし寿司の作り方・手順

混ぜご飯の具材の下ごしらえ

1:ご飯を炊く

ご飯を炊く
米をとぎ、規定量より若干少なめの水を加えて炊きます。
合わせ酢と具材を加えるため、ご飯は少し固めに炊いておきます

2:材料を切る

材料を切る
干ししいたけはぬるま湯に20分程つけて戻し、水気をしぼって厚さ2mmの千切りにします。たけのこ、にんじん、レンコンは厚さ2mmの一口大の大きさに切ります。

3:材料を炒め煮にする

材料を炒め煮にする
鍋にサラダ油を熱し、たけのこ、にんじん、レンコン、干ししいたけを入れて3分程炒めます。酒、みりん、しょうゆ、砂糖、水を加え、弱火にして蓋をし、3~4分煮ます。その後、汁気がなくなるまでしっかりと炒めましょう。

炒めたら、粗熱をとっておきます

炒り卵を作る

4:卵液に味付けをする

卵液に味付けをする
ボールに卵を割り入れ、みりん、塩を加えて菜箸で混ぜます。

5:フライパンで炒る

フライパンで炒る
フライパンにサラダ油を熱し、味付けした卵液を流し込み、卵に8割程度火が通ったところで火を止めます。余熱で火を通しながら、菜箸で卵の面にグルグルと円を描き、卵をポロポロにします。

混ぜご飯を作る

6:合わせ酢を作る

合わせ酢を作る
小さいボールに米酢、砂糖、塩を入れ、混ぜ合わせます。

7:ご飯に具材と合わせ酢を混ぜ込む

ご飯に具材と合わせ酢を混ぜ込む
炊きたてのご飯に具材と合わせ酢を加え、ざっくりと全体を混ぜます。うちわなどであおぎながらしゃもじで切るように混ぜます。
うちわなどであおぎ表面の水気を飛ばすと、ご飯がベチャベチャせず、つやが出てきます

魚介の下ごしらえ

8:いくら以外の魚介を合わせダレに漬け込む

いくら以外の魚介を合わせダレに漬け込む
醤油、みりんをボールに入れ、合わせダレを作ります。いくら以外の魚介を食べやすい大きさに切り、合わせダレに10分程漬け込みます。

盛り付ける

9:大葉をきざむ

大葉をきざむ
大葉は軸をおとし、縦半分に切ります。軸の方から先端に向かってクルクルと丸め、端から細くきざんでいきます。

10:混ぜご飯を盛り、炒り卵、魚介、あしらいをのせる

混ぜご飯を盛り、炒り卵、魚介、あしらいをのせる
皿に混ぜご飯を盛り、炒り卵を散らします。上にすべての魚介をのせ、大葉ときざみ海苔を散らします。

ガイドのワンポイントアドバイス

魚介が生ぬるくならないよう、混ぜご飯は必ずうちわなどであおいで粗熱を取って仕上げてください。魚介は生魚のほか、焼き穴子や蒸しアワビなどをのせると、より豪華に仕上がります。絹さやや菜の花を湯がいて添えても彩りがきれいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。