【妊娠37週目】胎児の大きさ・体重・エコー写真は?
いつ生まれてもいいほどに、体の準備が

妊娠37週目、胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠37週目、胎児のエコー写真・超音波写真

■妊娠37週目(妊娠10ヶ月:受精から245~251日目)
■胎児と子宮の大きさ 

  • 頭殿長(座高)が48~49cm、体重は2200~3100gほど
  • 子宮底長が29.4~33.4cmほど

いつ生まれてもいいほどに、体の準備ができました。暦上でも、いつ陣痛が来ても大丈夫な正期産の時期に突入。といっても、37週で陣痛が来ることはそう多くありません。

睡眠のリズムも完璧です。でも、赤ちゃんは、子宮から離れるのが楽しみでもあり、不安でもあるのかもしれません。


【妊娠37週目の胎児の様子】
胎動を感じることは少なくなるでしょう

両腕は胸の前につけ、足はひざを曲げておなかに引き寄せるような姿勢で、骨盤内に入っていこうとしています

両腕は胸の前につけ、足はひざを曲げておなかに引き寄せるような姿勢で、骨盤内に入っていこうとしています

この時期の赤ちゃんは背を丸めたスタイルを取っています。手足を動かすスペースはあまりありませんが、赤ちゃんは生まれるまでモゾモゾと動いて、心地よさそうにしています。ただ、大きな動きがないだけに、お母さんには胎動が少なくなったと感じられるかもしれません。


胎児の腸の中には胎便がたまっています

赤ちゃんの腸の中には、すでに大量の濃い緑色の胎便がたまっていて、出生後すぐに便の排出機能が働き始めます。胎便とは、肝臓・すい臓・胆のうから出た細胞や老廃物や、赤ちゃんが飲んだ羊水中に浮遊していた赤ちゃんの皮膚細胞などからできています。

 

【妊娠37週目の妊婦の様子・注意点】
前駆陣痛か陣痛かわからない場合は、産院に連絡しましょう

不規則な痛みや張りを「前駆陣痛」といい、「陣痛かな?」と思うほどの痛みを感じても、痛みや張りが長く続かず、いつの間にかなくなってしまうことを繰り返すことも多いでしょう。子宮収縮が続いて、陣痛かどうかがわからない場合は、産院へ連絡しましょう。夜勤担当がいますので、夜中であっても大丈夫です。

赤ちゃんに会えるうれしさが増してきませんか? その一方で、出産を目前に控え、ナーバスになっているお母さんも多いと思います。おなかの張りも頻繁となり、特に夜中に張ってくると「陣痛かも?」と不安が募ったり、赤ちゃんが動き出したりして、なかなか熟睡できないこともあるでしょう。

不安を無理に打ち消そうとするのでなく、そのままの気持を表に出しながら、自らの感情をと折り合いをつけてゆけるといいと思います。細切れ睡眠はきついですが、今、慣れておくことで、育児には生かされてくるはず。ひとりでかかえるのでなく、パートナー、母親、友人、医師や助産師に相談できるといいですね。

帝王切開もきちんとしたお産の方法です

帝王切開もきちんとしたお産の方法です

帝王切開もきちんとしたお産の方法です

何らかの理由で、あらかじめ帝王切開が決まっているお母さんは、「自然分娩をしたかったのに……」と、ちょっとブルーな気分になったり、麻酔や手術が恐いと感じているかもしれません。しかし過度な心配は不要です。おなかの赤ちゃんとあなた自身の体を信じて、できるだけ心穏やかに「その日」を迎えられるといいのですが。パートナーの役割も大きいので、不安な気持ちがあったら、相談してみるといいでしょう。


妊娠週数・月数別の関連記事 


合わせて読みたい関連記事