【妊娠25週目】皮膚を通して毛細血管が見え、赤っぽい色に
胎児の大きさ・体重・エコー写真は?

妊娠25週目、胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠25週目、胎児のエコー写真・超音波写真

■妊娠25週目(妊娠7ヶ月:受精から161~167日目)
■胎児と子宮の大きさ
 
  • 頭殿長(座高)が34cm、体重は650~900gほど
  • 子宮底長が20.6~24.6cmほど
赤ちゃんは脂肪をつけ始めていますが、まだふっくらというわけではなく、皮膚はしわしわです。でも、皮膚を通して毛細血管が見えるので、赤っぽい色になってきました。まさに赤ちゃんになってきています。


【妊娠25週目の胎児の様子】
胎児は肺の成長が活発になり、呼吸の準備がすすむ

胎児はおっぱいを飲む準備ができてきました

胎児は肺の成長が活発に進んでいく

赤ちゃんは鼻の穴が通るようになってきました。息を吸い込むことができるようになり、生まれたときに呼吸ができるような準備がより進められます。

肺の成長が活発に進んでいて、サーファクタント(界面活性剤)の分泌も始まります。サーファクタントとは、肺胞がくっつくのを防ぎ、赤ちゃんが生まれてきたときに、肺がうまく広がるのを手伝ってくれる呼吸には欠かせない、大切な物質です。


胎児の眼球活動が始まる

目にはレンズ部分が作られて眼球の活動が始まるので、ものを見ることができるようになります。実際に目を閉じたり開けたりするような動きも見られています。 目は光を感じるようになっていて、その視覚や聴覚に対して脳波が動き出します。脳と結ばれた感覚システムが発達していきますが、このシステムが使われるのは生れたあとになります。

さらに、大脳皮質の発達によって、体の向きを変えたり、手足を伸ばしたりといった、体全体の動きをコントロールできるようになります。記憶や感情といったものが出てくるのも、このころです。


胎児にはおっぱいを探す仕組みができてきています

口と唇の周りの神経が、鋭敏になってきました。これは、赤ちゃんが生まれたときに、お母さんの乳頭を探してきちんと哺乳ができるためと考えられています。


【妊娠25週目の妊婦の様子・注意点】
体調は比較的安定している頃

母体の体調は比較的安定している頃

母体の体調は比較的安定している頃

個人差はありますが、体調は比較的安定していて、楽しい妊娠生活を送れる頃だと思います。旅行などに出かけるのも、今が一番いい時期です。

ただし、子宮のいちばん上の部分を子宮底といいますが、この子宮底がお臍よりも高くなって、おなかがせり出してくるので足もとが見えにくくなってきます。つまずいて転んだりしないように、気をつけるようにしましょう。


「母性健康管理指導事項連絡カード」を活用しましょう

逆に、「まだ25週なのにこんなに苦しくて大丈夫かな?」とも感じているお母さんもいることでしょう。働いている人で、おなかの張りが頻繁だったり、立ちくらみがしたりで、そのまま仕事を続けていくのが難しい人は、医師に相談して「母性健康管理指導事項連絡カード」を書いてもらい、職場に提出すると、通勤緩和や、休憩、自宅療養などの措置が受けられます。

詳しくはインターネットで調べるか、都道府県の労働局雇用均等室へ問い合わせてください(母性健康管理指導事項連絡カードの活用について(厚生労働省))。


妊娠週数・月数別の関連記事


合わせて読みたい関連記事