妊娠初期/妊娠2ヶ月

妊娠6週(妊娠2ヶ月)

赤ちゃんの大きさは4~8mm。それでも、受精してからここまでの30日間で、たった1つの受精卵だった赤ちゃんは、1万5000倍もの大きさに成長しています。そろそろ、骨や頭の筋肉、心臓、胴体などの細胞が集まった、中間グループ(中胚葉)の働きが活発になってきます。お母さんの体は赤ちゃんを育てるための仕様にかわってゆきます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠6週の赤ちゃんの様子:
全身の器官と臓器が形成されています

妊娠6週(妊娠2ヶ月:受精から28~34日目)の赤ちゃんの大きさは4~8mm。それでも、受精してからここまでの30日間で、たった1つの受精卵だった赤ちゃんは、1万5000倍もの大きさに成長しています。そろそろ、骨や頭の筋肉、心臓、胴体などの細胞が集まった、中間グループ(中胚葉)の働きが活発になってきます。妊娠7週までの赤ちゃんを胎芽(たいが)といいます。

超音波検査で赤ちゃんの心拍動が確認できます
低解像度

妊娠6週の胎芽:超音波計測では頭殿長が7mmで、心拍がきちんと確認されました

発達段階の心臓が小さな赤ちゃんの胸壁を通して見えています。心臓の部屋は4つではなく、まだ1つしかありませんが、拍動を開始し、超音波検査でも確認できるまでになっています。 脳は急激に発達しているので、この時期の赤ちゃんの頭は、胴体よりもかなり大きくなっています。視床下部の形成が始まります。視床下部は、脳の中心の間脳という部分にあり、食事や体温、生殖行為といった生きてゆく基本的な行為をコントロールする部分です。

鼻(鼻腔のもと)が目立つようになってきました。眼の発達が続き目玉らしきものが入った眼窩ができてきます。口の原型、舌になる組織もできてきます。 腕は水かき上から船のオールのような形になり、足になる突起も現れてきて、足が形成されてゆきます。

>> お母さんの様子:赤ちゃん仕様の体にかわってゆきます

 

更新日:2010年10月01日

(公開日:2010年09月28日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    23

    この記事を共有する