妊娠初期/妊娠3ヶ月

妊娠9週(妊娠3ヶ月)

妊娠9週の赤ちゃんは、頭殿長が22~30mmになります。これから長い時間をかけて骨の形成が始まります。脳の表面の発達もスタートしてゆきます。大人の脳のように丸くなり、しわが入ってくるのです。妊娠すると体質が変わり、乾燥肌に傾いてくる人が多いようです。添加物が少なく保湿成分の高い化粧品などに替えてみてもいいかもしれません。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの様子:脳にしわができ始め、「しっぽ」がなくなります

妊娠9週(妊娠3ヶ月:受精から49~55日目)の赤ちゃんは、頭殿長が22~30mmになります。これから長い時間をかけて骨の形成が始まります。脳の表面の発達もスタートしてゆきます。大人の脳のように丸くなり、しわが入ってくるのです。

低解像度

妊娠9週の胎児:「しっぽ」が見えなくなってきました

赤ちゃんの顔は丸くなってきて、目の網膜のなかには色素ができてきて、鼻もほとんど完成します。耳の外側と上唇も完成してきます。舌の表面には味覚をキャッチする器官が作られてきます。首ができ、頭と体がはっきり分かれてきました。今まで残っていた「しっぽ」のような部分はなくなり、今は二頭身の体です。足も発達し、ひざや足首、かかとなどもあるべき場所に位置するようになりました。手足の指もー本ずつ分かれます。

赤ちゃんの心臓はすでに力強く脈打っています。胃は消化液を作り、血液は肝臓で作られています、腎臓は血液中の老廃物を取り除き、尿を出しはじめるようになってきます。生殖器の発達がスタートしますが、性別がわかるのはもう少しあとのことです。

超音波検査では、人間のミニチュアのように見えてくるでしょう。胎児の大きさにまだ個人差がないので、この時期の頭殿長から、出産予定日を再評価し、必要があれば予定日を修正します。

>> お母さんの様子:乾燥肌に傾いてくることが多いようです

更新日:2010年10月01日

(公開日:2010年09月28日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する