妊娠中の食べ物・飲み物に関する疑問を一挙解決!

妊娠中に食べたほうがいいもの、食べないほうがいいものは?

妊娠中に食べたほうがいいもの、食べないほうがいいものは?

妊娠中に食べたほうがいいもの、食べないほうがいいもの、生もの、カフェイン、アルコール、サプリメント・健康食品など、妊娠中の疑問のなかで、食べ物に関するものも多いです。今回、読者の皆さんから寄せられた「妊娠中の食べ物についての疑問」について、わかりやすく、説明しますね。

食べ物

妊娠中に食べていいもの、悪いもの。情報がたくさんあって、わかりにくい

【妊娠中の食事の疑問・目次】
・食べたほうがいい食べ物
・避けたほうがよい食べ物
・葉酸・カフェイン・生もの
・アルコール・サプリメント・健康食品
・食品添加物・化学調味料
・つわり中の食事
・子どものアレルギー予防

 

妊娠中に食べた方がいい食べ物

Q:
・妊娠中に食べた方がいいものはありますか?
・食べたいものだけ食べていても大丈夫でしょうか。

A:
妊娠中の食事はバランスよく摂取できていれば、それほど神経質になる必要はありません。本来は、体が必要とするものを欲するはずなので、食べたいものだけを食べるのでいいはずですが、偏食や過食もあり、現代では適切とはいえないでしょう。

妊娠でまず必要となるのは、筋肉、皮膚などを構成するたんぱく質です。良質なたんぱく性食品である魚、肉、大豆製品には異なった働きをもつ脂肪酸が含まれているので、やはりバランスよく摂ることが大切です。ビタミン、ミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄、カリウムなど)、葉酸、食物繊維も多めに摂るように心がけてください。その一方、脂質、食塩は一般的に摂取量が多めとなる傾向にあるので摂り過ぎないようにしてください。

妊娠中に避けたほうがよい食べ物

マグロのお刺身

マグロは食べないほうがいい?

Q:
・魚によっては水銀が入っているから食べないほうがよいと書いてある本もあり、食べてはいけないものがわからないです。
・カフェインや化学調味料などの摂りすぎに注意していますが、他にどんなことを気をつければいいのでしょうか?

A:
最近、魚介類からの水銀摂取が胎児に影響を与える可能性を懸念する報告が出て、厚生労働省からも「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意」が出されました。ただし、魚介類には赤ちゃんにも必要な、DHAなどの必須脂肪酸が豊富に含まれているので、魚介類を摂ることは必要です。そこで、妊娠中期以降はメチル水銀を比較的多く含むマグロやキンメダイなど大型魚や深海魚を控えて、水銀が少なくDHAを豊富に含むサバやイワシなど小魚中心の摂取が望ましいとされています。

それでも、マグロの刺身であれば1人前を週2回であれば心配ないとされています。また、仮に胎児への影響があるとしても、音を聴いた場合の反応が1/1000秒以下のレベルで遅れるようになる程度で、将来の社会生活に支障があるような重篤なものではないとされています。

一方、化学調味料や、人工添加物の摂りすぎなどが、良くはないことは常識的にわかるでしょうが、どのくらい摂取すれば、どのような影響が出るということはわかっていません。基本的に、通常の食事であれば神経質になることはないでしょう。

>>葉酸サプリは妊娠中に摂取すべき?カフェインはどの程度摂ってもいいの?