妊娠中の旅行時期は妊娠16~27週の安定期が最適

妊娠中の旅行は妊娠16~27週の安定期が最適

妊娠中の旅行は妊娠16~27週の安定期が最適

妊娠中の旅行・マタ旅は、妊婦であるという自覚をもち、無理のないスケジュールで行くのなら基本的に大丈夫です。お産が迫ってくる35週以降を除いた時期に動けるよう、計画を立ててください。

なお妊娠中の旅行におすすめの時期は、16~27週以降が最適です。妊娠初期は流産の可能性があり、つわりもあり、乗り物酔いが増悪しやすいので、なるべく避けてください。ただし、旅行と流産は直接関係がありません。12週になると体調は安定してきますが個人差があります。また、妊娠9ヶ月(妊娠28週~31週)もまず問題ないでしょうが、お腹が張りやすくなってくるので、無理は禁物です。

旅行に出かけるときには、母子手帳、保険証、生理用ナプキンを必ず持っていきましょう。


妊娠中の旅行は余裕あるスケジュールが鉄則

妊娠中の旅行は余裕のあるスケジュールで!

妊娠中の旅行は余裕のあるスケジュールで!

海外、国内ともに、妊娠中の旅行の行先は一ヶ所にのんびり滞在するような旅がベストです。そうでなくても、移動には余裕をもたせるのが鉄則です。妊婦は時差ぼけが増加するので、海外であれば時差5時間以内、万が一のときにも、すぐに病院にアクセスできるような場所を選ぶとよいでしょう。特に食物、水については衛生上の注意をはらうこと、好奇心がでても、冒険は禁物です。


妊娠中の飛行機移動はお産直前以外は大丈夫

気圧の変化が赤ちゃんに影響することはありませんが、飛行機の機内は湿度が低く脱水になりやすいので、水分を十分補給してくだい。

また、妊婦は血栓症になりやすいので、座席でも下肢の運動をしたり、気流がいい時は機内を歩くのもいいでしょう。搭乗の際、客室乗務員に妊娠していることを伝えておくと安心です。


妊娠中の旅行の安心ポイント。ドライブ・船旅・温泉はOK?

車での移動は、できれば1日6時間以内に、同じ姿勢を長く続けないようにして、2時間に1度は休憩をはさみましょう。

船旅は船酔いを増悪させるので、あまりおすすめはできません。温泉の成分は大丈夫です。ただし、サウナや42度以上の高温のお湯に長くつかることは避けましょう。風呂場での転倒と脱水が心配です。

妊娠中の旅行は、ゆったりとリラックスした時間を過ごすことに意味があります。基本は疲れたら休む。不安があれば中断する勇気も必要です。

関連記事