妊娠の基礎知識/妊娠関連情報

妊娠が「安定期に入った」ってどんな意味?

妊娠5ヶ月くらいに入ると「安定期」と呼ばれるようになります。安定期とはどんな時期なのか、ご説明しましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠も5ヶ月くらいになると「安定期」と言われます。妊娠生活の中でも特に安定した時期という意味なのですが、具体的にはどんな時期なのでしょう?

流産のリスクを乗り越えてホッとする時期です

//img.allabout.co.jp/gm/article/188711/anteiki.jpg
妊娠後の不安やつわりを乗り越えると「安定期」を迎えます。
妊娠がわかってからはしばらくの日々は、流産の可能性が高い日々。不安だった人もいるでしょう。でも、「安定期」に入れば一安心です。

流産は、約9割が「妊娠12週=妊娠4ヶ月の始まり」より前に起き、それ以降は珍しくなります。さらに「妊娠16週=妊娠5ヶ月の始まり」となれば、妊娠はさらに安定します。

つわりが終わってきます

この時期にうれしいもうひとつのことは、つわりが終わってくることです。12週くらいだと「まだまだつらい」と言う人も多いと思いますが、一般的には、安定期に入るころからしだいにおさまっていきます。

胎盤が完成する時期です

こうした変化は、この時期にお腹の中で胎盤が完成することと関係があります。安定期とは、胎盤が安定したということなのかもしれません。そして身体が落ち着いてくると気持ちも落ち着いてきて、「妊婦であることをもっと楽しみたい」という気持ちがわき上がってきます。

>>この時期におすすめのすごし方は?>>

更新日:2008年07月25日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    23

    この記事を共有する