シトラス系のアロマ

シトラス系のアロマ

みかんに親しみのある私たちにはシトラスが一番!

アロマテラピーでシトラス系といえば、いわゆる、かんきつ類の果実の皮の香りがほとんど。オレンジ、レモン、グレープフルーツなどがあります。メリッサやレモングラスといったハーブにもレモンのような香りをもつものがあります。

シトラス系の香りは、軽い印象のものが多く、他の匂いと混ざっても不快に感じることがありません。香りも残り過ぎないので、香水が苦手な人でも大丈夫。アロマ初心者からアロマ通まで、あらゆる人に愛されるのがシトラス系のアロマです!
   

ココロがほっと一息つける…シトラス系の香り

季節の変わり目はメンタルの調子が悪くなる人が多いです…

季節の変わり目はメンタルの調子が悪くなる人が多いです…

そんなシトラスの香りは、心を明るくする効果があるといわれます。季節の変わり目の眠気や集中力低下など、なんとなく、憂鬱で元気が出ないときに活躍するのです。
 

フレッシュな香り~エッセンシャルオイル編~

どれも人気のある香りばかり

どれも人気のある香りばかり

  • メリッサ
    レモンバームとも呼ばれるハーブです。ストレスが多く、落ち込み気味のときに。非常に高価な精油ですので、5mlの無水エタノールかホホバオイルに数滴落として、コロンにして耳の後ろなどにつけてみては?
     
  • マンダリン
    マンダリンは、甘く、濃厚なオレンジの香りです。とてもフルーティで、オレンジ系だけでなく、ブドウのような香りも見え隠れします。コットンに数滴落として、お部屋に置くだけでも幸せな気分になれます。
     
  • グレープフルーツ
    気持ちを切り替えて、感情のバランスをとります。ホホバオイルに入れて、足をマッサージ。代謝UPの効果もあります。
 

ハーブティ編

ティータイムには上質ハーブを☆

ティータイムには上質ハーブを☆

レモングラスのハーブティは、レモンの香りがするだけでなく、ほのかな甘みを感じさせてくれます。ミント系とブレンドするのが王道ですが、ガイドのオススメはメドゥスィートと。メドゥスィートは甘いアーモンドの香りがするとても素敵なハーブです。貧血、利尿、代謝Upにオススメブレンドです。ほっと一息つけます。

(オススメの入れかた)
ティースプーン各1杯のハーブに熱湯を180ccほど注ぎ、3~5分蒸らします。カップに注ぎ、ゆっくり香りを楽しみながらいただきます。
食後がオススメです。


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。