季節の挨拶に何を書く? 12月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と結び文

時候の挨拶とは「拝啓」などに続く書き出しの言葉で、季節感をあらわす

時候の挨拶とは「拝啓」などに続く書き出しの言葉で、季節感をあらわす

12月の季節の挨拶「時候の挨拶」に何を書けばいいのでしょう? 時候の挨拶とは「拝啓」などの頭語に続く書き出しの言葉で、季節感を表します。

時候の挨拶には、ビジネス文書や学校関係で出す文書、お礼状・目上の方向けの「漢語調」と、プライベートの親しい友人・知人向けのカジュアルな「口語調」があります。いつ使うのかがわかるよう、12月の上旬・中旬・下旬に分け、例文や結びの文、12月に使える季節の話題もご紹介します。
 
<INDEX>  

手紙・書類・メール・お礼状で使う、挨拶文の書き方や構成

ビジネスや学校関係で出す文書・お礼状、プライベートな手紙などを書く場合、【前文】⇒【主文】⇒【末文】⇒【後付】で構成するのが基本です。基本をもとに、必要に応じて細かい要素を変えながら仕上げていきましょう。
 
<構成>
  • 【前文】……「拝啓」などの頭語 ⇒ 時候の挨拶 ⇒ 相手の安否や健康を気遣うことば ⇒ 自分の近況やお礼など
  • 【主文】……いわゆる本文
  • 【末文】……結びの挨拶。相手の健康や繁栄を祈ることば ⇒「敬具」などの結語
  • 【後付】……日付 ⇒ 署名 ⇒ 宛名
 

「漢語調」「口語調」……時候の挨拶文は相手・場面に応じて選びたい

時候の挨拶には、短く簡潔に表した「漢語調」と話し言葉でやわらかな言いまわしの「口語調」がある

時候の挨拶には、短く簡潔に表した「漢語調」と話し言葉でやわらかな言いまわしの「口語調」がある

時候の挨拶は、その時々の季節感を表した言葉。「霜夜の候」のように短く簡潔に表した「漢語調」と、「夜中に霜が降りるほど本格的な寒さの頃となりました」のように話し言葉でやわらかな言いまわしの「口語調」があります。
 
漢語調と口語調は、相手や場面に応じて使い分けます。一般的に、ビジネス文書や学校関係の文書などでは、かしこまった漢語調の表現が使われることが多く、文書の格を高めてくれます。一方、パーソナルな文書では、より身近な口語調を使う方が多いです。また、ビジネスであっても、口語調を用いてやわらかにする場合もあります。
 
いずれにしても、ネガティブではなくポジティブなものがおすすめです。 
 

12月の季節の挨拶/漢語調の時候の挨拶「ビジネス」編

霜が降りるほど寒い時期になったことを表す「霜寒の候」。「○○の候」は「○○の折」「○○のみぎり」に置き換えて使うこともできる

霜が降りるほど寒い時期になったことを表す「霜寒の候」。「○○の候」は「○○の折」「○○のみぎり」に置き換えて使うこともできる

ビジネスシーンでは、かしこまった漢語調の時候の挨拶を使うのが一般的。目上の方への手紙やメールでも使える漢語調の時候の挨拶について、意味とともに例文を交えてご紹介します。時候の挨拶は季節感が大切なため、目安となる時期ごとに紹介しますが、その年によって多少ずれることがあるため、実際の季節感を優先しながら選んでみてください。
 
また、「○○の候」は「○○の折」「○○のみぎり」に置き換えて使うこともできます。
  
■12月全般で使える「師走の候」「寒冷の候」「霜寒の候」                  
  • 師走(しわす)の候=師走となりました。
  • 寒冷(かんれい)の候=寒く冷たい時期となりました。
  • 霜寒(そうかん)の候=霜が降りるほど寒い時期となりました。
  • 霜夜(しもよ)の候=夜中に霜が降りるほど本格的な寒さの頃となりました。
<例文>
「師走の候、ますますご清栄のこととお慶び申しげます。」
 
■11月下旬~12月上旬の「向寒の候」「初冬の候」 「 孟冬の候」 
  • 向寒(こうかん)の候=日増しに寒くなってまいりました。
  • 初冬(しょとう)の候=冬の初めの時期となりました。
    ※暦の上では、二十四節気の「立冬」(11月7日頃~21日頃)と「小雪」(11月22日頃~12月6日頃)が「初冬」です。
  • 孟冬(もうとう)の候=冬の初めの時期となりました。
  • 小雪(しょうせつ)の候=小雪の頃となりました。
    ※「小雪」は二十四節気のひとつで、11月22日頃~12月6日頃。 
  • 初雪の候=初雪の頃となりました。
<例文>
「初冬の折、貴社におかれましてはますますご繁栄のこととお慶び申しげます。」

■12月上旬~12月中旬の「大雪の候」「短日の候」「寒気の候」
  • 大雪(たいせつ)の候=雪が盛んな頃となりました。
    ※「大寒」は二十四節気のひとつで、12月7日頃~12月21日頃。
  • 短日(たんじつ)の候=日暮れが早い季節となりました。
  • 寒気(かんき)の候=冬の寒気が身にしみる頃となりました。
<例文>
「大雪の候、○○様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。」
 
12月下旬の「冬至の候」「歳末の候」「年末厳寒の候」
  • 冬至(とうじ)の候=冬至の頃となりました。
    ※「冬至」は二十四節気のひとつで、12月22日頃~1月4日頃。
  • 月迫(げっぱく)の候=12月の末に迫ってまいりました 。
  • 歳晩(さいばん)の候=年末の頃となりました。
  • 歳末(さいまつ)の候=年末の頃となりました。
  • 年末厳寒(ねんまつげんかん)の候=年末で寒さも厳しい頃となりました。
  • 歳末ご多端(さいまつごたたん)の折=年末で大変忙しい頃となりました。
<例文>
「年末厳寒のみぎり、貴店ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。」
 
 

12月の季節の挨拶/口語調の結びの挨拶「ビジネス」編

結びの挨拶は、相手や趣旨によって変わります。ビジネスなどのフォーマルな文書でよく使われる、今後もよろしくとお願いする結びの挨拶、相手の繁栄や健康を祈る結びの挨拶、12月ならではの結びの挨拶を例文で紹介します。
             
■今後もよろしくとお願いする結びの挨拶
  • 「今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。」
  • 「引き続きご高配を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。」
  • 「今後におきましても相変わらぬご厚誼(こうぎ)を賜りますよう お願い申し上げます。」
  • 「これからも変わらぬご支援ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。」

■相手の繁栄や健康を祈る結びの挨拶
  • 「貴社のますますのご発展を心より祈念しております。」
  • 「末筆ながら、一層のご隆盛を衷心よりお祈り申し上げます。」
  • 「皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。」
  • 「皆々様のご多祥を心よりお祈り申し上げます。」

■12月ならではの結びの挨拶  
  • 「寒気いよいよ厳しき折、ご自愛専一にてお願い申し上げます。」
  • 「歳末ご多忙の折、健康には十分にご留意なされ、さらにご活躍されますことを祈念申し上げます。」 
  • 「年の瀬も迫り何かとご多用のことと存じますが、体調を崩されませんようご留意ください。」
  • 「輝かしいご越年を心よりお祈り申し上げます。」 
  • 「よき年を迎えられますことを心より祈念しております。」
 
 

12月の季節の挨拶/口語調の時候の挨拶「プライベート」編    

「ポインセチアの花が街を彩る頃となりました」は、話し言葉でやわらかな口語調の時候の挨拶

「ポインセチアの花が街を彩る頃となりました」は、話し言葉でやわらかな口語調の時候の挨拶

プライベートの場合、書き出しの時候の挨拶は、口語調のカジュアルな表現が好まれます。
 
■上記「ビジネス」編で紹介した漢語調の「○○の候」の意味を表す文は、口語調の時候の挨拶として使えます。 
  • 師走を迎え何かと慌ただしい時期となりました。 
  • 霜が降りるほど寒い時期となりました。 
  • 日増しに寒くなってまいりました。  
  • 冬の寒気が身にしみる頃となりました 
  • 年末で寒さも厳しい頃となりました。
 
■その他にも、この時期の情景を綴って挨拶することができます。
12月向きの時候の挨拶に、相手の安否や健康を気遣う言葉を加えた例文を幾つか紹介します。
  • 「街路樹も葉を落とし、すっかり冬景色に変わりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。」
  • 「木枯らしの吹きすさぶ日々が続いていますが、風邪などお召しになっておられませんでしょうか。」
  • 「朝、布団から出るのがおっくうな今日この頃ですが、お元気でいらっしゃいますか。」
  • 「カレンダーもいよいよ最後の一枚を残すのみとなりました。いかがお過ごしでしょうか。」
  • 「冬空の下、寒椿が美しい季節となりました。すっかりご無沙汰しておりますが、お元気でご活躍のことと存じます。」
  • 「ポインセチアの花が街を彩る頃となりましたが、お元気ですか。」
  • 「街はクリスマスの飾りつけ一色となってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。」
  • 「年の瀬を迎えましたが、その後お変わりございませんか。」 
  • 「今年も残りわずかとなりましたが、お変わりありませんか。」
  • 「師走も半ばを過ぎ、なにかと気ぜわしくなってまいりましたが、皆様、お健やかにお過ごしでしょうか。」
  • 「行く年を惜しみつつ、来る年を指折り数える年の暮れとなりました。ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。」
 

12月の季節の挨拶/口語調の結びの挨拶「プライベート」編

プライベートで用いる結びの挨拶も、カジュアルな表現が好まれます。相手に合わせて挨拶の内容を考えてみると良いでしょう。相手の趣味や嗜好に合わせた結びの挨拶、相手の体調を気遣う結びの挨拶、年末に関する結びの挨拶の例文を紹介します。参考にしてみてください。
 
■相手の趣味・嗜好に合わせたの結びの挨拶     
  • 「待望のスキーシーズン、存分に満喫なさってください。」
  • 「こちらは、雪景色がとても美しいところです。ぜひご家族で遊びにいらしてください。」
  • 「冬の星座が美しいこの時季、天体観測にも力が入るかと存じますが、風邪をひかぬよう気をつけてくださいませ。」
 
■相手の体調を気遣う結びの挨拶     
  • 「時節柄、体調を崩しませんよう御身おいといください。」
  • 「寒さ厳しくなります折、くれぐれもお体にはご留意ください。」 
  • 「寒がりのあなたのこと、どうぞお体には気をつけてください。」
  • 「何かと気ぜわしい毎日かと存じますが、おからだを大事になさってください。」 

■年末に関する結びの挨拶  
  • 「迎春のお支度にお忙しい折から、お風邪など召されませんように。」 
  •  「年の瀬を迎え気ぜわしい毎日かと存じますが、どうぞお健やかにお過ごしください。」  
  • 「今年も余日わずかとなりました。どうぞよいお年をお迎えください。」
  • 「皆様お揃いでよい年をお迎えくださいますよう、心からお祈り申し上げます。」
  • 「毎年のことながら暮れの忙しい時期、お互い頑張って乗り切りましょう。」
 

12月に使える季節の話題

蟹、鰤、ふぐ、おでん、鍋……この時期の食べものは取り入れやすい季節の話題です

蟹、鰤、ふぐ、おでん、鍋……この時期の食べものは取り入れやすい季節の話題です

12月ならではの季節の話題を紹介します。キーワードとして入れてみると、季節感が出ると思います。
 
■花や動植物・食べ物
ポインセチア、シクラメン、南天、千両、万両、鰤、鮭、たら、あんこう、ふぐ、蟹、白菜、春菊、山芋、蜜柑、焼きいも、お事汁、おでん、熱燗、鍋料理、かぼちゃ、かぼちゃと小豆のいとこ煮、クリスマスケーキ、年越し蕎麦、年越し魚
 
■風物詩や行事・イベント
すす払い、正月事始め、針供養、事の日、お歳暮、羽子板市、冬至、ゆず湯、クリスマス、歳の市、餅つき、大掃除、正月飾り、仕事納め、忘年会、年越しの祓、除夜の鐘
ひと味違う~粋なおとなの年末年始

■節気・時期
霜枯れ、冬枯れ、初雪、小雪、大雪、冬将軍、寒波、空っ風、冬至、年の瀬、年末、大晦日、冬眠、湯たんぽ

 

オリジナルの挨拶を入れることも考えてみましょう

12月、あの人はサンタさんになるのかな……相手の顔を思い浮かべてみると、文章が浮かびます

12月、あの人はサンタさんになるのかな……相手の顔を思い浮かべてみると、文章が浮かびます

相手の顔を思い浮かべながら考えていると、よりパーソナルで身近な文が綴れます。下手でもいいので、素直に、自分の言葉で考えてみると、心に届く手紙になるでしょう。
  • 「そちらは蟹の産地、今年も蟹三昧でしょうか。」
  • 「鍋を囲んで一杯やりたい季節となりました。」
  • 「お得意のスノボのシーズンになりましたね。」
  • 「もうじきクリスマス。子ども達の笑顔が楽しみですね。」
手紙の書き方 ~心に届く時候・時節の挨拶

 
【関連記事】
 
 
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。