自分自身でダイエットを失敗させてきた方に、3つのコースをご紹介!

イメージ
いつもダイエットに失敗している人は、自分の中に解決の糸口があるかも?!
今回の講座は、なぜだかはっきりとはわからないけど、「ダイエットが続かない」という人のためのものです。したがって、ダイエットが順調な人は選択する必要はありません。しかし、もし上記の心の傾向に心当たりがある方は、次の3コースの中から対策を選択してみましょう!

■松コース:太る口癖に対して自問する

本文のように、非合理的な(太る)心の口癖が見つけ、それに対し「本当か?」「絶対か?」と自問する習慣をつけましょう。これをするだけでも、太る口癖によりオートマチックに導き出されていた悪い行動はその力が弱められるはずです。


■竹コース:別の表現を実行してみる

非合理的な(太る)口癖が見つかったら、それに対し「本当か?」「絶対か?」と自問したあと、その状況の説明として別の表現がができないか考えてみましょう。少し勇気が必要ですが別の表現が見つかったら、より合理的で有益な新しい表現に従い行動をとってみましょう。

「もう私の暴食は止められない」より「もう今日の暴食は止められない」。「もう今日の暴食は止められない」より「あと3口は私の口は止められない」。「あと3口は私の口は止められない」より「こんなつまみ食いはもうしない」という表現にしたがった方が、よりダイエットはスムーズに行えます。


■梅コース:太る口癖を痩せる口癖に変える

太る心の口癖を見つけたら、逆のやせる表現を創出して次回からその表現に置き換えてみましょう。例えば「絶対に失敗する」という口癖は「必ず成功する」へ、「もうだめ」という口癖は「まだまだ」という口癖へ。

口癖の変更がしやすいというメリットはありますが、太る口癖、やせる口癖ともに不条理な口癖であることは変わりません。松コースや竹コースのような自問自答が難しい方のみ選択してください。


最期に

3ヶ月間集中ダイエット講座にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。開始当初からテーマごとにご自分にあったコースを選択して実行されてきた方からは「体重が減っている」「自分の弱点が分かった」等うれしいご報告もいただいております。

今回の3ヶ月集中ダイエット講座のおすすめ利用法は各回でご自分の選んだコースが一覧できるチェックシートを製作することです。そして毎日寝る前にどれくらい実行できたか項目ごとにチェックしてみてください。多くの項目が実行できた日が続けば、それがどんな組み合わせであっても体型は望んだ方向に進んでいくものと思います。

また、選択したコースはご自分の状況(忙しさや体調)に応じて適時変更するほうがストレスが少なく結果的に成功しやすくなるかと思います。ダイエット終了後も、すぐにシートのチェックを止めずに、各項目の選択肢をよりゆるやかなものにしてリバウンドを防止してください!

それでは、今回の講座を利用して一人でも多くの方がダイエットに成功されることを願っております!
@ダイエットガイド
   


<3ヶ月集中ダイエット講座シリーズ>
  1. ダイエット中のお酒の飲み方
  2. ダイエット中の夕食の食べ方
  3. 食事量最終防衛ライン!
  4. たんぱく質不足はダイエットの敵
  5. 食べ過ぎを退治する!
  6. "食べたい"衝動にどう対処する?
  7. 脂肪燃焼に必要な条件とは?
  8. 「太るルール」とその脱し方
  9. ダイエット中も“よい油”は必須
  10. 水不足ダイエットでドロドロ?!
  11. 食物繊維で目指せ!腸内美人
  12. 外食で太らないための10箇条
  13. あなたを太らせる「心の口癖」


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。