頑張ってるのに痩せられないのはなぜ?

イメージ
真剣に痩せたいと思っているのに、どうして失敗してしまうのでしょう?
これまで3ヶ月集中ダイエット講座では、全ての回で3つのコースに分けて何をするべきかを提案してきました。各回ごとにコースを選択し着実に実行しさえすればどんなコースの組み合わせでもまず間違いなくダイエットは成功すると思われます。また、どの回も概ね実行可能なコースが一つか二つはあるのではないでしょうか?

ところが各コースを実際に選択し、行動してみると、挫折する方がいらっしゃるのも事実です。あまり真剣にダイエットに取り組んでいない人は別として、とても真剣なのに失敗してしまうのは大変残念なことです。

そこで最終回の今回は、そのような「真剣に頑張っているのに、ダイエットに失敗してしまう」という方がどのような傾向があり、どうして失敗しがちなのかを解説していきたいと思います。


あなたはどのタイプ?
Aさん、Bさん、Cさんの行動と心理

同じ状況に遭遇しても、人はそれぞれ違う感情を抱いたり、違う行動に出る場合があります。

例えば寝る前3時間はモノを食べないと決めた人がいるとします。ところが、寝る直前に家族に大好物のお菓子を進められ、ついつい食べてしまいました。


Aさん:ちょっとだけ食べてしまいましたが、その後すぐ床につきました。
「あら!思わず食べちゃった。イケナイイケナイ! 残りは明日の朝なら食べてもいいよね。今日はもう寝ようっと。」

Bさん:お腹いっぱいになるまで食べてしまいました。
「あら!?今日はもうダメね、明日からダイエットをきちんと始めましょう!」

Cさん:堰を切ったように“ドカ食い”をしてしまいました。
「ああ、私は何て意志が弱いのかしら?! 最悪だわ。私にダイエットはムリなのね。」



いくらダイエットノウハウを学んでも、
「心の口癖」に気づかなければダイエットは失敗に終わる!

上記の中で、最もダイエットに成功しやすいのはAさん、最も失敗しやすいのはCさんです。カッコの中の声は、瞬時に心の中でつぶやかれる口癖のようなものですが、それによって行動に大差が出てしまいます。また、おそらくいつかまた同じことがおこっても、高い確率で3人は同じ行動をとるでしょう。

このように、同じダイエットノウハウを学んで同じように実行している人が、これまた同じ状況になったとしても、「心の口癖」が異なるだけでダイエットの成功のしやすさは全く違ってきてしまいます。しかし、よほど注意を払わなければ、BさんやCさんは、自分自信の「心の口癖」がダイエットに悪影響を与えているとは認識できないことでしょう。


あなたの心の口癖は? 次のページでは、ダイエットを失敗させる「心の口癖」について更に詳しくみていきましょう!