脂肪の種類は40種類以上!
足りないと肌荒れなどの原因になります

お肌の調子は?
足りないとお肌がカサカサに?!
ダイエットをする上で、取り扱いが難しい栄養素が脂肪です。脂肪は糖やたんぱく質などの他の栄養素にくらべて2倍以上のエネルギーを持っており、その摂取をいかに減らすかがダイエットの重要なポイントになります。しかし一方で、減らしすぎると脂溶性のビタミンが足りなくなったり、体内では合成することができない脂肪(必須脂肪酸)の摂取量が足りなくなり、肌荒れや成長阻害がおきたりと、深刻な問題を生じさせるからです。

また、脂肪(脂肪酸)は細かく分けると40種類以上に分けられ、それらの摂取割合が健康を維持する上で大切です。


「植物性油脂」で血はドロドロ!?

皆さんは、「ダイエット中の脂肪分の摂り方」を考えた場合、「植物性なら身体に良い」というイメージを持っていませんか?

しかし、植物性油脂の中にも、肉の脂肪以上に血をドロドロにするものがあるのです。こういった脂肪はもちろんダイエットの天敵。食品表示で「植物油脂」とだけ書いてある加工食品は、まずこれらドロドロ血の原因になる植物油脂だと疑って間違いありません。特に原材料欄の前の方にそれが書かれている(量が多い)加工食品はダイエット中は避けるのが賢明です。

「脂肪」は種類が多く、なかなか正しく選ぶのは難しいですね。
次のページでは、脂肪の解説と良い脂肪と悪い脂肪の見分け方を解説します!


Page 2:良い脂肪と悪い脂肪の見分け方
Page 3:正しい脂肪の減らし方・摂り方