「今年こそはダイエットに終止符を打つ!」そんな抱負をお持ちの方々に、ダイエットの基本を整理しつつ、実践に役立つヒントを連載することとなりました。

このシリーズの基本に従い、ご自身の生活環境に応じてアレンジすることで、あなたにとって最も効果的なダイエットが完成することでしょう!

うまく飲めば太らない!ダイエット中のお酒の飲み方


その第一回目のテーマは「お酒との上手な付き合い方」です。

「お酒のアルコールはエンプティ(からっぽの)カロリーなので太りません」

お酒
食べること以外の娯楽を増やす。これも立派なダイエットです。
そんな話を皆さんはどこかで聞いたことはないでしょうか?お酒のイメージアップを図ったキャンペーンでよく使われていた言葉ですが、全くの詭弁と言っても過言ではないでしょう。

ダイエッターたるもの、まずは「お酒は肥満に直結しやすいダイエットには最も不向きな食品の一つである」という認識を持って頂きたいと思います。

それはなぜか?

お酒(アルコール)は脳にとってはそれを摂取することで神経を麻痺させ”気持ちよさ”を与えてくれる物質です。ところが身体全体として見れば毒物であり、内臓のうち解毒を担う肝臓は、お酒を飲むことで緊急的に他の機能を一時中断して(低下させて)アルコールの分解を最優先します。

その急激に低下する肝機能の一つが血糖値のコントロール機能です。

肝臓が血糖のコントロール機能を低下させると、どんなに食べても血糖値が十分に上がらず、血糖の低下に敏感な方は生理的な空腹を感じてしまいます。


次のページでは、太りにくいお酒の飲み方のご紹介。