お酒を分解する酵素

酵素解説

お酒を分解してくれているのは体内の酵素

お酒を飲んでほろ酔い気分になるのは時には気持ちがいいもの。でもいき過ぎると酔いが回り、気分が悪くなることもありますよね。そんな時、体の中では一体何が起こっているのでしょうか。

お酒を飲むと、アルコールは胃と小腸上部で吸収され、肝臓に運ばれますが、そこでは2段階の酵素の働きにより、処理されます。

肝臓にあるADH(アルコール脱水素分解酵素)という酵素が、アルコールをアセトアルデヒドと水素に変えます。実は、このアセトアルデヒドが悪酔いさせる原因。

次にその悪酔い物質のアセトアルデヒドをALDH(アルデヒド脱水素酵素)という酵素が働き、無害な酢酸と水素に変え、血液中に放出。最終的には炭酸とガスと水になって体外へ排出されます。

こうして、体内酵素の頑張りにより、毒であるお酒が分解されるわけです。

 

お酒に弱い人と強い人の違いは?

酵素解説

お酒に強いか弱いかを決めているのは、ある1つのアミノ酸。

アセトアルデヒドを分解するALDHという酵素の働きや能力には個人差があります。体重60kgの人で1時間に7g程度のアセトアルデヒドしか分解ができません。この量は、日本酒なら0.2合分、ビールなら大瓶3分の1程度です。飲みすぎると分解自体に1日以上かかることも十分にあり得るのです。ですから二日酔いはこの分解作業が追いつかない時に起こります。

また、実はアセトアルデヒドを分解する酵素ALDHには2種類あります。酵素はアミノ酸が繋がり合ってできているのですが、そのアミノ酸の繋がり方によって2種類に分けられるのです。

◆参考に→酵素って何?~みんなが誤解をしている酵素について~

このALDHという酵素の487番目のアミノ酸が欧米人はみな、「グルタミン酸」なのに対して、日本人は「リジン」となっている人が非常に多いのです。たかが1つのアミノ酸の種類の違いですが、ここがリジンになっている場合、アセトアルデヒドを酢酸に変える能力が弱くなるのです。

だから欧米人に比べて日本人の方がお酒に弱い人が多いのですね。つまり、お酒の強さは、こうした酵素の違いが関係しているのです。

お酒の席でのおつまみの選び方が大切です。
次ページで解説致します。