会社での飲み会は、ただお酒を飲むだけではなく、日頃仕事の場でしか接しない上司や先輩、同僚との親睦を深めるためのコミュニケーションの場。今日は、お酒の席で、スマートに振舞うために、乾杯の仕方やお酒の飲み方、注ぎ方のマナーや作法をご紹介しましょう。


お酒を注ぐ時のマナー

お酒の席を楽しくするには、やはり押さえておくべきマナーや作法があります
基本的に、同席している人のグラスが空になったままにしないのが、お酒の席のマナーです。グラスや盃が空になっていることに気がついたら、「お注ぎします」や「何か飲まれますか」などと声をかけましょう。でも、お酒に弱い人や体調の悪い人など、その人それぞれ飲み方のペースがあるので、あまりしつこくならない程度に。

お酒を注ぐ時は、「どうぞ」、「お注ぎいたします」、「ビールでよろしいですか?」など、一言添えるようにします。

ビールのお酌
瓶の中ほどを右手で持って、左手を軽く添え、瓶のラベルが上になるように持ちます。この時、手の甲が上になるように注意してください。手の平を上にして注ぐのは、「逆手の逆注ぎ」といって失礼になります。

日本酒のお酌
お銚子は、片手で持っても良いのですが、女性の場合は、左手を添えて持ちましょう。注ぎ口のないものは、絵柄を上にします。盃は、ビールのようになみなみと注いでしまうと、飲む時にこぼれてしまい、飲みにくいので八分目を目安にしてください。盃をテーブルに置いたまま注ぐ「置き注ぎ」は、NGです。


お酒を注いでもらう時のマナー

ビールグラスは、傾けて持つ。ワイングラスは、テーブルにおいたまま。細かいけど、知らないと恥をかいたり、相手に失礼になることも
グラスを片手に持ち、もう片方の手は底に添えます。最初は、相手が注ぎやすいように少し傾けてから、垂直に立てると泡がきれいに立ちます。注いでもらったら、必ず1回は、口をつけます。注いでもらってすぐに置くのは失礼にあたります。

ワイングラスは、テーブルに置いたまま。盃は、右手で持ち、左手の指先を底に添えます。一気に飲み干さないのがマナーです。

お酒が苦手な場合
もともとお酒が苦手、体調が悪いなど、お酒が飲めない理由はいろいろあると思いますが、乾杯の時は、グラスに口を付けます。この時、もちろん無理に飲むことはありません。口を付けるだけでよいのです。

乾杯が終わったら、口を付けたグラスは飲まずに置いておき、他の飲み物を注文しましょう。お酒を勧められたら、「お酒が飲めない体質なんです」と、「せっかく勧めていただいているのに、すみません」というニュアンスで断りましょう。

「飲めないって言ってるでしょう?」というような頑な態度は、場をしらけさせてしまうので、あくまでも明るく柔らかい表情で。

飲みたくない時・飲めない時
お酒の席では、自分の酒量を知っておくことは、とても大切。「もう飲めない」、「飲まない」という場合に勧められてしまったら、グラスの上に手を差し出して、「もう結構です」ということを言葉と一緒に示しましょう。

お酒の注ぎ方・注がれ方は、ご覧いただきました。次のページでは、お酒の席での振舞いについて見てみましょう。