飲み会の支払いパターンには3つある

職場の飲み会ですと、支払いパターンが主に3つ考えられます。1つ目は役職に応じて上司や先輩が多く払う「傾斜配分」、2つ目は全員同額の会費制、3つ目は太っ腹な上司が自ら多く出してくれた場合です。

とくに「ありがとう」を伝えるのは、多く支払ってくれた人、幹事を引き受けてくれた人ではないでしょうか。そこで、相手別に文例とポイントを紹介します。

傾斜配分で多く払ってくれた上司や先輩へ

a
役職に応じて「部長が7000円」「課長が5000円」「その他3000円」などと支払額に差があるなら、多く払ってくれた人に一言お礼を伝えましょう。

若手社員のうちは、「管理職は給料が高いんだから多く払うべき」と思いがちですが、いざ逆の立場になると、住宅費に教育費などで家計は苦しく、お小遣いは微々たるものだったりするのです。

【好かれる例】**************************
昨日は忘年会でごちそうになり、ありがとうございました。
隣の席で、趣味のゴルフのお話まで伺えて楽しかったです。

〇〇さんのご指導のもと、無事に今年の業務を終えることができそうです。
12月末の目標達成まで あと一歩ですので、引き続きよろしくお願いいたします。
*********************************

幹事を引き受けてくれた人へ

幹事は、若手社員が“修業”として任命されるか、持ち回りですることでしょう。幹事には日程調整やお店選び、案内、会費の徴収など、いろいろなタスクがあります。とくにお店や料理について、みんなが満足してくれたかドキドキハラハラ。そこで、ねぎらいの気持ちを添えてみてください。

【好かれる例】**************************
昨日は幹事を務めてくださり、ありがとうございました。
12人のメンバーをまとめるのは、きっと大変だったことでしょう。

「中華ワイガヤ飯店」のお料理は美味しくて、つい紹興酒を飲みすぎてしまいました。
みんなも本当に楽しそうでしたね。
一言お礼を伝えようと思い、メールしました。
*********************************

逆に、失礼なメールも紹介します。

×昨日の飲み会について注意したいことがあります。まず席順の決め方です。それと傾斜配分はもっと差をつけるべきです。
→お礼は一言もなく、気に入らないことやお説教を長々書く。

太っ腹な上司へ

ごく稀に、「これ取っておいて」と万札を置いて去っていく格好いい上司もいます。全額でなくとも自ら多く払ってくれたなら、お礼を忘れずに伝えましょう。

【好かれる例】**************************
本日は会費制でしたのに、〇〇さんにごちそうになってしまい、大変ありがとうございました。

日頃は家で発泡酒が定番ですが、贅沢なビールは本当に美味しかったです。

より一層仕事に精を出しますので、ご指導のほどお願いいたします。
帰路、スマホから失礼ながら お礼申しあげます。
*********************************

×部長が1万円くれたので、飲み代が予定より1,500円浮きました。だから帰り道、みんなでラーメン屋に寄っちゃいました(^◇^)
→金額がリアルすぎて上司は引いてしまう。また、2次会のラーメンについて正直に書く必要もない。金額より厚意に感謝すること!

ノミュニケーションという言葉を聞かなくなったこの頃。コスト削減もあり、各社で接待や社内の飲み会が減っているようです。
a

 



ただ、数少ない機会を大切にしてキチンとお礼を伝える人は、相手からも大切にされると思うのです。帰りの電車の中から、翌朝始業前に あなたも数行のお礼メールを送ってみませんか。

【まだまだあります!メールのコツ】
お礼メールの決定版まとめ
時短メールの書き方
社内メールの新発想


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。