「小職(しょうしょく)」は自分をへりくだって表現したもの

小職,使い方,弊職,小生,意味,弊方,弊員,小職使い方

管理職の方もご注意!


あなたはビジネス文書・メールで、自分のこと(自称)をどのように書きますか?年配の方を中心に手紙やメールで好んで使われるのが「小職」「弊職」「小生」です。「それって正しい言葉なの?」と疑問をもつ人もいれば、「なんでわざわざ小難しく書くの?」という意見があるのも事実。そこで今回は、違和感のないビジネスでの自称について考えてみます。まずは、「小職」「小生」「弊職」の意味と使い方について確認していきましょう。

■小職

「小職(しょうしょく)」の意味と使い方

「小職」は官職(国家公務員)が役人としてへりくだる表現です。やがて民間にも転用して使われるようになりました。 民間会社でも管理職、つまり課長や部長といった「役職についている人」にとって「小職」は使いやすいでしょう。役職者以外が使っても間違いとは言えませんが、本来の意味は知っておきましょう。

「弊職(へいしょく)」の意味と使い方

「弊職」は、「その職務についている自分をへりくだる表現」です。辞書に載っている言葉なので、使っても間違いではありません。その一方で、「弊職」は、「弊社」と「小職」をあわせた造語と言われ、一般的ではないとする見方もあります。

「小生(しょうせい)」の意味と使い方

「小生」は男性が使う言葉なので、女性は使いません。また、辞書には「自分と同等か、目下の人に対して使うものとされる」とあるため、目上の人に使うと「無礼者」「生意気」と思われる可能性があります。

小職・弊職・小生とも、若い方は使わないほうが無難

ビジネス文書・メールを書くとき、つい難しい言葉を使いたくなる人がいます。でも、ビジネスメールで求められるのは、書き手の自己満足でなく、読み手を満足させることです。となると、自称もシンプルなもので十分です。

「小職」「弊職」「小生」とも「格好をつけている!」「違和感をもつ」という読み手もいることを念頭に置いてください。年配の方や役職者の方はともかく、若手の方は使わないほうが無難でしょう。また、いずれも書き言葉だけで使う自称です。話し言葉で使ってしまうとさらに違和感を持たれるでしょう。

ビジネスメールの自称、おすすめはシンプルな「私」

ビジネスメールで自分を表現するとき、おすすめしたいのは、私(わたし・わたくし)です。性別や役職、官民を問いませんし、社内・社外のどなたに対して書いても失礼にあたらず、自然な印象を与えることができるでしょう。

プライベートの自称と区別しよう

一方、ビジネスメールで「俺」「僕」と書く男性や、稀に「真美」「ゆうたん」などと自分の名前やあだ名を書く人もいます。ある企業の管理職の方から、「新入社員の日報に書かれていたんです。まいりました~!」と、相談されたことがあります。ほかにも「拙者」だと武士や忍者のようですし、「おいら」もおかしいですね。

特に学生から社会人になりたての方は、プライベートメールとビジネスメールの区別をしっかりつけましょう。まずは今日から、ビジネスメールでは「私」と書く習慣を身につければと安心です。

【関連記事】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。