退職の挨拶メール返信例1

退職の挨拶メールが届いても困らない、返信のポイントと相手別の文例を解説します!


退職の挨拶メールが届いたら

退職する人からの挨拶メールが届いたら、どう返信したらよいのか悩む人も多いでしょう。

「届いたメールには必ず返信するの?」「相手に聞いてはいけないことは?」など、返信する時のマナーも気になるところです。

返信する際にはポイントを押さえた上で、感謝の気持ちや心遣いが伝わるメールを送りたいですよね。

退職の挨拶メールが届いても困らない、返信のポイントと相手別の文例を解説します。

退職の挨拶メール返信例2

相手のことを気遣って、退職の挨拶メールにはできるだけ早く返信しましょう。
 


ポイント1…個人宛に届いた場合は「必ず返信」する

社内の人からの退職の挨拶メールは、知らない人からも一斉メールで届くことがあります。

このような場合は、返信した方がよいのか悩むところです。

基本的には、社内の人から個人宛に退職の挨拶メールが届いた場合は必ず返信します。

そのほか、個人的に親しくしている人や、お世話になった人には返信するのがよいでしょう。

取引先の人から個人宛に届いた場合も、必ず返信します。
また、今後も企業間の関係が続く場合は、返信した方がよいでしょう。


ポイント2…「できるだけ早く」返信する

社内の人の場合は、退職する日に挨拶メールを送ることも多いため、退職後に届いたメールは当然読まれない恐れがあります。

退職の挨拶メールが届いたら、すぐに返信するよう心がけましょう。

社外の人からは、多少の余裕を持って挨拶メールを送ってくる場合が多いですが、引継ぎなどで忙しくしている可能性もあります。

相手のことを気遣って、退職の挨拶メールにはできるだけ早く返信しましょう。


ポイント3…「退職理由」「転職先」はむやみに聞かない

人によって退職理由には、聞かれたくないことや詮索されたくないことがあります。

差出人が、退職の理由や次の所属先を記載していなかった場合は、むやみに聞き出すことは控えた方が無難です。

退職理由が気になる場合でも、相手のプライベートなことには触れず今後を気遣う言葉で気持ちを伝えましょう。


基本的な返信の文面は?

■はじめに、退職の挨拶メールをいただいたことへの感謝の気持ちを伝える
・「日頃は並々ならぬお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。株式会社○○ ○○部の○○です。このたびはご丁寧に退職のご挨拶をいただきありがとうございました」
・「お忙しいところ、退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございました」
■次に、相手との思い出などのエピソードを述べる
 ・「○○さんとは、同じチームで頑張ってきましたね。○○さんとともに仕事ができたこと、本当に感謝しています」
 ■最後に、相手の新しい環境での活躍や、健康を祈る言葉で締めくくる
・「○○さんのご健勝を心よりお祈りいたします」
・「○○様の益々のご活躍をお祈り申し上げます」

退職の挨拶メール返信例3

相手をねぎらい、新しい生活に向かって行けるようエールを送りましょう


【返信例】社内の人から退職の挨拶メールが届いた場合

■定年退職する上司に返信する場合
○○営業部 ○○部長

このたびはご丁寧に退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございました。
長年のご勤務お疲れ様です。

○○部長からは、本当に多くのことを学ばせていただきました。
○年間、公私にわたり大変お世話になりました。
心より感謝申し上げます。

これからも充実した日々を送られますように、○○部長のご健勝をお祈りいたします。

○○部
○○○○

■退職する同僚に返信する場合
○○○○様

お疲れ様です。
お忙しいところ退職のご挨拶をいただきありがとうございました。

○○さんとは同じプロジェクトチームで、いくつもの困難を乗り越えてきましたね。
これまで頑張ってこられたのは、○○さんのおかげです。

○○さんとともに仕事ができたこと、本当に感謝しています。
これまで大変お世話になりました。

今後の○○さんのご活躍を心よりお祈りいたします。
くれぐれもお体に気をつけてください。

○○○○


【返信例】取引先の担当者から退職の挨拶メールが届いた場合

株式会社○○
○○部長 ○○○○様

日頃は並々ならぬお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
株式会社○○ ○○部の○○です。
このたびはご丁寧に退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。

○○様には常に励ましていただき、またご指導をいただき本当に助けられました。

長きにわたり弊社にご尽力いただいたこと、感謝申し上げます。

○○様の益々のご活躍を心よりお祈りいたします。
くれぐれもお体に気をつけてください。

○○株式会社
○○部
○○○○


相手をねぎらい、これからの生活にエールを送ろう

いかがでしたか?

退職の挨拶メールに返信する場合、ねぎらいの言葉で相手をいたわり、新しい生活に向かって行けるようエールを送ることが大切です。

退職の挨拶メールが届いたら、返信のポイントと文例を参考に、これまでお世話になったことへの感謝の気持ちを伝えてみてください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。