仕事を頑張ってる人にかける言葉!労いの言葉でスーッと心が軽くなる

仕事で頑張ってる人にかける言葉!労いの言葉おすすめ文例

お疲れさま、ありがとうなどのねぎらいの言葉は人を元気にします。

ねぎらいの言葉は、一生懸命に頑張っている人や努力している人に、相手を気遣い、いたわってかける言葉です。

仕事で頑張っている時や苦労して大変な時、「お疲れさま」「頑張っているね」「ありがとう」などの声をかけられると、スーッと心が楽になりますよね。

そして、その一言で元気が出て、「苦しかったけれど努力してよかった」「もっと頑張ろう」という気持ちになります。

人は誰しも共感されたい気持ちや、認められたい気持ちを持っています。

特に全力を尽くして頑張ったことや努力したことに対して、上司からのねぎらいの言葉は、次への仕事の原動力になります。また、頑張っている同僚へねぎらいの言葉をかけると、お互いの絆が深まり仕事がスムーズにはかどります。

日ごろお世話になっている取引先や業者の人にかけるねぎらいの言葉も、その一言で人間関係がさらに良くなり仕事が円滑に運びます。

あなたも部下や同僚、取引先の相手や業者など、頑張っている人にねぎらいの言葉を伝えてみませんか?

以下はねぎらいの言葉の例です。ねぎらいの言葉で人間関係がもっと良くなりますよ!
 

部下への「労いの言葉」は、成果よりもまずは「過程」を

「部下には厳しく」と考えている方も多いかもしれませんが、仕事の成果について厳しく指摘する前に、まず部下が一生懸命に頑張っていることを認めて、ねぎらいの言葉をかけることが大切です。また、部下の仕事の労苦に対する感謝の気持ちも忘れてはいけません。

ビジネスでは成果も大切ですが、取り組んだ過程へのねぎらいの言葉で部下のやる気を奮い立たせることができます。

「あきらめずに努力しているね」「よく頑張っているね」などのねぎらいの言葉は、上司が自分の仕事ぶりをしっかりと見てくれている、ということが部下に伝わり、上司への信頼感が生まれます。

部下が良い成果を出した場合は、「○○さんの努力が実を結んだね、おめでとう」「○○さんの頑張りで素晴らしい結果が出せたね」などの言葉でねぎらうと、上司が自分を認めてくれたことが自信となり、部下の仕事へのモチベーションが一層高まります。

【部下へのねぎらいの言葉の例】
  • ご苦労様             
  • 努力しているね
  • 君ならきっとできるよ
  • よく頑張っているね
  • 努力が実を結んだね
  • 素晴らしい結果が出せたね
  • 本当に助かっているよ
  • いつもありがとう
  • 感謝しているよ
 

同僚への「労いの言葉」は、気持ちに共感して伝える

あなたの周りの頑張っている人にねぎらいの言葉を伝えてみませんか?

あなたの周りの頑張っている人にねぎらいの言葉を伝えてみませんか?

忙しく仕事をしていると、つい同僚へのいたわりがおろそかになってしまいがちです。

同僚へのねぎらいの言葉は、相手の置かれている状況に共感することが大切です。

たとえばハードワークで疲れている同僚へは、「お疲れさまです。無理しないでくださいね」と体調を気遣う言葉を、同僚が何かしてくれた時には「○○さんありがとう、助かりました」という感謝の言葉を、また、同僚が仕事の成果を出した時には「○○さん、本当にすごいですね」など、素直に同僚をほめる言葉をかけると気持ちが分かち合え、お互いの絆が深まります。

同僚は職場で助け合うことができる仲間です。ねぎらいの言葉で、普段から良い関係を築いていると、いざという時には助けになってくれる存在となります。

職場で共に仕事の業績を上げていくために、ぜひ同僚にもねぎらいの言葉を伝えてくださいね。

【同僚へのねぎらいの言葉の例】
  • お疲れさまです
  • 頑張ってますね
  • すごいですね
  • さすがですね
  • 無理しないでくださいね
  • 大変でしたね
  • 疲れたでしょう
  • いつもありがとうございます
 

取引先や業者への「労いの言葉」は、感謝の気持ちを伝える

取引先や業者の人には、あれこれと用件を提示する前に、まずねぎらいの言葉で、相手がしてくれたことへの感謝の気持ちを伝えることが大切です。

支援してくれたり、協力してくれたり、お世話になっている取引先や業者の人に、日頃の感謝の気持ちを込めてねぎらいの言葉を伝えてみましょう。

「いつもありがとうございます」「○○様のおかげです」などのねぎらいの言葉で良い関係が築かれ、さらに信頼関係が深まりますよ。

ただし、取引先や業者の人が重要な相手だからと言って、あからさまなお世辞は逆効果です。正直な気持ちを心から伝えましょう。
また、取引先や業者の人にねぎらいの言葉を伝える時は、上から目線で偉そうな印象を与えないよう注意が必要です。

【取引先や業者へのねぎらいの言葉の例】
  • いつもありがとうございます
  • お世話になっております
  • お力添えをいただき感謝しております
  • ○○様のおかげです
  • ○○様に助けられました
  • ご配慮に感謝いたします
  • いつも頼りにしております
 

相手に合わせた「労い」をしてみましょう

いかがでしたか?たとえ一言でも、相手からのねぎらいの言葉で心が救われることは多いものです。
自分を認めてくれること、これは仕事への大きな原動力となります。

あなたの周りの頑張っている人へ、「いつもありがとう」「助かっているよ」「無理しないでね」など、それぞれの相手に応じたねぎらいの言葉で、その人の頑張りに答えてあげてくださいね!


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。