「平服」とはカジュアルな私服ではない

結婚式や披露宴は正装が基本。平服でも可能な場合は、略式礼装になります

結婚式や披露宴は正装が基本。平服でも可能な場合は、略式礼装になります

結婚式や披露宴の招待状に「平服でお越しください」と記されていたので、普段着で結婚式に出席した、という社会人1年生のニュースを耳にして、驚いた経験があります。

まず、平服とは「カジュアルな私服」のことではないと肝に銘じてください。平服とは「正装(男性ならモーニングやタキシード、女性ならロングドレスや着物)でなくてよい」という意味です。つまり、「略式礼装の装いでお越しください」ということです。

男性なら冠婚葬祭用の黒のスーツ、通称「ブラックスーツ」あるいは無地のダークスーツにネクタイ着用、女性なら白以外のパーティドレス、ワンピース、着物ということになります。ただし、披露宴の二次会や友人が集うカジュアルなパーティの場合は、男性のノーネクタイOKというケースはあります。

立場や役職にふさわしい服装を

服装を選ぶ際に肝心なのは、招待された結婚式スタイルに応じた服装を心がけること。そして、新郎・新婦との関係によって服装を変えることです。あなたが新郎あるいは新婦の上司であれば、立場や役職にふさわしい服装をしなければいけません。

自社の人や取引先など他社の人問わず会社関係の人として出席する場合は、新郎・新婦ととても仲が良くても親戚や知人・友人とは立場が異なります。常に会社の看板を背負っている自覚を持つことが大切です。

服装の選択を間違えて主役の2人より目立つ格好をしたり、場違いな服装で出席したりして「新郎・新婦の会社には礼儀知らずの人がいる」と見なされ、会社の印象を悪くしかねません。

結婚式の服装には、様々なルールがあります。選んではいけない格好やアイテムも多くあります。まず、そのことを意識してください。