コーチングスキルとは?

心構え
100以上あるコーチングスキル。活用するときは目的を意識することが大切
コーチングスキルは新たに発明されたものではなく、うまくメンバーの力を引き出し、後進を育てている人たちのコミュニケーションを観察し、その特徴を体系化したものです。

コーチングスキルは100以上あると言われていますが、そのすべてが次の3つの目的を意識して適用されます。

  1. 相手の自律性を促す
  2. 相手の力を発揮させる
  3. 相手の成長を促進する

普段、何気なく行っているコミュニケーションもこの3つの視点で見直すと、メンバーやチームをうまく活かせるマネジメントスキルに進化させることができます。

今回は、ビジネスシーンを牽引するマネジャーや、リーダー層に役立つと思われる代表的なスキルを目的別に紹介します。

1.安心感を築くスキル「ペーシング」

リーダーはメンバーに行動を促し続ける必要があります。そのとき、メンバーが抵抗感を持つかそれともスムーズに行動に移るかは、リーダーとの間にある安心感が大きく影響します。人は生き残るために常に目の前の人を敵か味方かを判断し、敵に対しては防衛体制を築き、味方とはいち早く協力関係を築こうとします。

このとき、防衛を解き、相手との間に安心感を醸成するのに有効なのが「ペーシング」です。ペーシングとは、簡単にいうと相手に合わせることです。呼吸のリズムやスピード、使う言葉、話の内容、声のトーン、姿勢や表情などを相手に合わすことを指します。人は相手と違うということに危機感を抱き、同じであるということに安心感を覚えるのです。

経験も多くスピードを重視する上司は、部下の話の途中で「でもね」「だけど」と口を挟みがち。しかし、その瞬間、相手のさらなる反論の誘発や沈黙を招いています。

たとえば、部下が「最近疲れている」と言ったとき、あなたはどんな風に声をかけますか? 「そんなこと言わずに、頑張れよ」と励ましたり、「じゃあ、休暇を利用してリフレッシュしろよ」と解決策をすぐに提示するのは、実はあまり得策ではありません。このようなとき、まずは「そうか、疲れているんだね」と声をかけましょう。励ましたり、解決策を提示するのはそれからでも遅くはありません。むしろ、自分の想いや状態を受け止めてもらったという相手の安心感を醸成したあとのほうが、励ましやアドバイスが部下に届きやすくなるのです。

ペーシングの具体例としては
  • 相手が使った言葉を自分も使う
  • 相手の言ったことを繰り返す
  • うなずきや相づちを適度に挟む
  • 相手と視線を合わせて話す
  • 相手の話を聞くときには相手に注意を完全に向ける(パソコンをたたきながら、書類を見ながら聞くのはNG)
などがあります。