自分で考え、自分で行動を起こすことができる自立した部下。リーダーは誰もがそういう部下と仕事をしたいと思うでしょう。では、自立性を育てるには、上司として具体的にどう関わればいいのでしょうか。自立した部下を育てる効果的な会話をご紹介します。

会話に自立の度合いが現れる

会話から部下の自立性を育てることができる

会話から部下の自立を育てることができる

会社で、こんな会話を聞いたり体験したことはないでしょうか?

上司A:「C君、9時の会議で使う資料はできた?」

部下C:「すみません。本当は朝一番で仕上げようと思ってたんですが、B部長との確認の打ち合わせがなかなかできなくて……」

上司A:「それで資料はどうした」

部下C:「打ち合わせが終わったばかりなので、内容をチェックしてからと思っていて……」

上司A:「だったらいつ出来るんだ」

部下C:「一応チェックは済んだのですが、コピー機の調子が悪くて修理しなければならないみたいで……」

上司A:「……」

こんな経験はないでしょうか。Cさんの会話の特徴は言い訳が多く、基本的には自分には責任はないというスタンスから話しています。このような会話を続けさせてしまうと、いつまでも自責思考できないポジションをとり続けます。

一方、自立した人は、このような状況で「申し訳ありません。確認してからお渡ししたいので、後15分ほどでできます」と、スケジュールとともに自分が責任を持って完了させることを伝えます。