行動しないのは本当に「やる気」の問題なのか

  • 口ばかりで実際には行動しない
  • ビジネスマン

    すぐに動けないには理由がある

  • 返事はいいが行動が伴わない
  • いつも納期に間に合わない
  • いつまでも経っても行動を起こさない 
そんな部下を見ていていらいらしたり、がっかりした経験はありませんか?

そんなときには思わず「やる気はあるのか!」と言いたくなるかもしれませんが、実はここに重要なヒントがあります。

ここで立場を変えて、自分自身についても考えてみましょう。私たちは日々さまざまな行動を求められています。

例えば、
  • 日々の業務
  • 上司や顧客から依頼された新たな仕事
  • スキルアップのための勉強
  • 自分から提案や宣言した新しい取り組み
などに日々取り組んでいます。

そんな中、「実際に行動するとき」と「行動しないとき」、もしくは「すぐに行動するとき」と「なかなか行動しないとき」があるはずです。行動が起きるか起きないか、それを分けているのは本当に「やる気」の問題だけでしょうか?

私の答えはNOです。

もちろん「やる気」も1つの要因ではありますが、実際に行動するかしないかを左右する理由は他にもあるのです。今回はそうした「理由」に迫ってみましょう。

ヴィジュアライズさせる

最も大きな理由の1つは、ヴィジュアライズできているかどうかです。例えば、「何とか時間を捻出して英語を勉強しよう」と思い立ったとします。

このとき、
  • では実際にどんな時間帯にどこでするのか
  • 一人でするのか、誰か仲間を作ってするのか
  • どんな教材やツールを使うのか
  • 勉強が続いたら自分はどんな風に変化するのか
といったイメージが鮮やかに描かれていればいるほど行動は起こりやすくなります。

そこで、部下が何かをすると宣言したり、仕事を任せたとき、相手の「やります!」という言葉を聞いて安心するのではなく、もう少し会話を続けてみて下さい。

例えば、
「具体的にはどんな風にはじめる?」
「どんな風に時間を確保できる?」
「うまくいかせるためにどんな工夫ができる?」
「例えば、誰の協力があるとうまくいく?」
「どんなことが最も障害になるか?」
など聞いてみることです。

このとき注意することは、「チェックではない」ということです。
興味を持って、その人が実際に動いているイメージを共有する感覚で会話を進めてみてください。