承認とは?どういうスキル?

コーチングスキルは、100種類以上あるといわれていますが、そのなかでも特に活用しやすいのが「承認するスキル」です。承認とは、相手に現れている変化、成長、成果に気づき、それを言語化して伝えることです。しかし、承認とは「人を褒めることである」という誤解も生じています。褒めることは承認することのほんの一部です。そこで、部下の目標達成を促進させるための「承認のスキル」を向上させる方法を取り上げます。

承認とは「そこにいることに気づくこと」

view

承認することで相手のヤル気が高まり目標達成が加速する

承認は英語いうとで「アクノレッジメント(Acknowledgement)」になります。語源で調べると、「そこにいることに気づく」という意味があります。すなわち、その人に光を当てることだといえるでしょう。アメリカの映画際であるアカデミー賞の授賞式で、受賞者が「I would like to acknoweldge(私はこれから次の方々を承認します)……」という言葉から始まり、関係各者の名前を次から次へと読み上げる場面がありますが、あれはまさに承認です。それは必ずしも褒めるということではなく、「この人たちがこの映画に関わってくれました」と光を当てて紹介しています。

承認されると明るく元気になる

このように承認とは、その人の存在に気づいていて、それを伝えることです。そうすると、承認された人は明るく元気になります。

ビジネスシーンでは、承認は目標達成を促進する効果を発揮します。また、やる気や自発性を促し、お互いの信頼構築の基盤となります。部下は承認を通して、自分の成長を認識し、さらなる成長に向けてチャレンジするエネルギーを得るのです。

承認は相手を観察することからはじまる

「あなたの部下やプロジェクトメンバーなど、1人選んでみてください。その人を承認するとしたら、どんな言葉をかけますか?」

この問いかけをすると、ほとんどの人が何を言っていいかわからず口ごもります。しばらくすると、

「君ってすごいね!」
「さすがだね!」
「えらいなー!」

など、誰に対しても投げかけられるような賞賛の言葉が口をついて出るのが関の山。これでわかるように1人ひとりの行動や能力について関心を持って関わらなければ、どうやって承認したらいいかよくわからないものです。承認上手は、まず相手をよく観察し、その人特有の行動や具体的な成果を伝えています。

「君は毎朝人より30分ほど早く来て、机の上をふいてくれているね」
「今回の成績は、前回より18%伸びているね」
「この1ヶ月お客様のところに訪問することが楽しそうだね」

これらの特徴は、具体的な事実を伝えていることです。事実は観察しないと知るすべもないですから、本人は「自分のことを見てもらっている」という実感を持つことができ、信頼感が築かれます。もしこれを

「君は早く来てえらいね」
「18%伸びているそうじゃないか。すごいなー」
「訪問がやっとうまくできるようになったな」

などと伝えると、受け取った感じはどう変わるでしょうか? これらには、伝える側の評価が入ってしまうため、良い/悪い、評価する人/評価される人、など判断された気持ちになり、あまり心地よくありません。

承認するには、まず部下をよく観察すること。そして、その人特有の強みや特徴を把握し、そのことを事実として伝えることです。このような承認は信頼構築につながり、相手のやる気や自発性を強く促すエネルギー源となります。