酵素とは触媒としてはたらくタンパク質


最近「酵素」という言葉をどこでもよく耳にするようになりましたが、そもそも「酵素」とはどのようなものなのでしょうか。
酵素の効果

健康の鍵は「酵素」が握っている


<目次> ​​​​​​
酵素とは、体内のあらゆる化学反応に対して触媒として機能してくれるタンパク質のこと。食べ物の消化吸収をはじめ、体内で起こるあらゆる生体反応は、全て酵素によって担われています。

体内にある酵素以外では、生の食べ物や発酵食品で摂取できる体外酵素(食物酵素)があります。
 
酵素解説

私達の体で全ての作業を円滑にこなしてくれている酵素は、頼もしい従業員

私達の体を自分の経営している工場に例えるならば、酵素は、毎日片時も休むことなく従順に働いてくれている従業員のようなもの。私達が口にする食べ物は工場に届く必要資材なのです。資材が届けばそれを荷解きする従業員が必要になります。また、それらを使って、新しいものを生み出したり、工場内を補修する仕事も必要になります。それらの仕事をこなす酵素という従業員が存在するからこそ、私達の存在が成り立つのです。

体内酵素は、その仕事によって、「消化酵素」と「代謝酵素」の2つに分類されます。工場に届く荷物(食べ物)を荷解き(分解)する役割である消化酵素と、体内にある資材(栄養素)を使って、作業(修復・再生などの体作り)をする役割が代謝酵素です。

どちらも生命活動にはなくてはならない存在で、そのバランスが大切なのです。
 

酵素の特徴

酵素解説

体内には2万種類以上の酵素があり、絶えず変化し続けているのです

そうは言っても、私達は普段、酵素を肉眼でみることができないため、なかなか想像することが難しいでしょう。

酵素の大きさは、その種類によっても異なりますが、約5~20ナノメートルという、顕微鏡でさえみえない極小サイズです。形は球状で、頻繁に形を変えながら、動き回っています。その反応速度も大変速く、中には1分間に行う化学反応の回数が4億回に達するものも存在します。

現在わかっているだけで体内に約2万種類以上の異なった酵素が存在するといわれていますが、今後も研究により、その数は増え続けていくものと思われます。
 

タンパク質を摂れば酵素になるという誤解

酵素解説

肉を食べれば酵素になる!?

全ての酵素はタンパク質を含んでいます。しかし、酵素に含まれているタンパク質は運び屋にしか過ぎず、タンパク質さえ摂れば、酵素そのものの働きができるという考えは、大きな誤解です。

酵素は21種類のアミノ酸からできているタンパク質の殻で覆われていますが、それはあくまで、外側の殻。アミノ酸で覆われた酵素は、DNAによって作られ、DNAの構造上に存在すると考えられています。

ですから、肉や魚などのタンパク質さえ摂ってさえいれば、体内の酵素の働きがうまくいくとは言えません。私達の体内では毎日、多くの酵素が生産されていますが、それは主に睡眠中です。ですからまずは質のいい睡眠をしっかりとっておくこともとても大切なこと。

体内の各細胞内では、多くの前駆物質のような不活性の形状のものが作られ、それらが必要に応じて活性化されるのです。

そもそも体内で酵素がしっかり働くためには最適温度があり、それは約37度といわれていますから、低体温の方は、まず体を温めることから意識してみましょう。
 

酵素ドリンクで酵素を補給の誤解

今話題の酵素といえば、酵素ドリンク。美容健康目的で飲まれる方、ファスティング(断食)目的で使用される方、と様々。酵素ドリンクを飲むと酵素が補給できるの?

実は、こういった市販の酵素ドリンクといわれているものは、清涼飲料水と分類されるため、ボトリングの製造過程で必ず熱をかけて殺菌をしなければいけません。そのため、(全てとはいえませんが)ほとんどの酵素は高温での殺菌の過程で失活してしまいます。

ですから、酵素ドリンクを飲むことで食物酵素を補給できるという表現はあまり適切だとは言えません。

それでは、酵素ドリンクは飲む意味はないのでしょうか。

こういったドリンクは長い期間かけて微生物の働きにより作られた発酵代謝物。発酵の過程で微生物によって作り出された栄養素のかたまりです。また発酵により、中にある成分は低分子化され、体内で吸収されやすい状態へと変化しています。

こういったドリンクをファスティングで使用することは勿論のこと、一食の置き換えに使用することは非常に有効だといえます。なぜなら、私達の体にとっては濃厚な栄養補給と体内リセットが同時に実現でき、またとない喜びになっているのです。

ひとつ誤解を招かないよう表現するならば、酵素ドリンクではなく、発酵ドリンクや発酵代謝物とでも言うべきでしょうか。こういった素晴らしい栄養の塊が完成するまでにも、微生物が作り出した酵素の働きがあってのことなのです。
 

食物酵素を摂ることは無意味なの?という疑問

酵素解説

食物酵素を意識する意味は?

酵素がブームとしてとりあげられている中、別の意見として、「食物酵素」を摂ることは無意味だという説もでてきています。これは、胃酸で酵素が失活してしまうため、外部から摂る意味がないという理由からきているもの。

しかし、酵素は胃酸で失活したようにみえても小腸でまた蘇り、活動を続けるものもあるのです。また、胃酸では失活自体しないものも存在するのです。ですから、食物酵素を摂ること自体が無意味だと言い切ってしまうことも適切だとはいえません。

酵素に関しては、まだまだ研究段階のため、これからも新たな発見、新たな見解も増えていくことでしょう。

ですから、食物酵素の多い生のものばかりに目を向けるのではなく、バランスよく食事をすること、内容に関わらず、良く噛んでゆっくり頂くことや、食べ過ぎないことが何より大切なのです。
 

消化酵素の観点から食べ合わせの知恵を見直す

酵素解説

焼き魚と大根おろしのコンビには意味がある?

私達は当たり前のように焼き魚料理に大根おろしを添えて食べています。これも実は酵素の力を借りたもの。大根おろしには、100種類以上の酵素が含まれ、それらが焼き魚の消化のお手伝いをしてくれることにより、体の負担を軽減してくれるのです。

また、酢豚に入っているパイナップルにも、プロメリンというタンパク質分解酵素が豊富に含まれています。

山芋には、でんぷん分解酵素のアミラーゼや、活性酸素分解酵素のカタラーゼが含まれています。とろろご飯が消化に優しく、食べやすい理由がわかります。

また、私達日本人は納豆や味噌、醤油などの発酵食品に慣れ親しんできました。これらは発酵の過程で微生物が作り出す酵素や栄養素が大変豊富です。ですから、発酵食品を積極的に摂ることでも体内の解毒や代謝を大いに助けます。

私達が経験的に良いと思って食べている食べ合わせは、消化酵素という観点から考えても理に適っているのです。酵素ブームの中、私達は何か特別なことをしようと、様々な情報に翻弄されがちですが、昔から日本人が慣れ親しんできた食べ物、食べ合わせ、食文化をもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。