酵素って何?

最近「酵素」という言葉をどこでもよく耳にするようになりましたが、そもそも「酵素」とはどのようなものなのでしょうか。
解説

健康の鍵は「酵素」が握っている


酵素とは、体内のあらゆる化学反応に対して触媒として機能してくれるタンパク質のこと。食べ物の消化吸収をはじめ、体内で起こるあらゆる生体反応は、全て酵素によって担われています。

体内にある酵素以外では、生の食べ物や発酵食品で摂取できる体外酵素(食物酵素)があります。

酵素解説

私達の体で全ての作業を円滑にこなしてくれている酵素は、頼もしい従業員

私達の体を自分の経営している工場に例えるならば、酵素は、毎日片時も休むことなく従順に働いてくれている従業員のようなもの。私達が口にする食べ物は工場に届く必要資材なのです。資材が届けばそれを荷解きする従業員が必要になります。また、それらを使って、新しいものを生み出したり、工場内を補修する仕事も必要になります。それらの仕事をこなす酵素という従業員が存在するからこそ、私達の存在が成り立つのです。

体内酵素は、その仕事によって、「消化酵素」と「代謝酵素」の2つに分類されます。工場に届く荷物(食べ物)を荷解き(分解)する役割である消化酵素と、体内にある資材(栄養素)を使って、作業(修復・再生などの体作り)をする役割が代謝酵素です。

どちらも生命活動にはなくてはならない存在で、そのバランスが大切なのです。


酵素の特徴

酵素解説

体内には2万種類以上の酵素があり、絶えず変化し続けているのです

そうは言っても、私達は普段、酵素を肉眼でみることができないため、なかなか想像することが難しいでしょう。

酵素の大きさは、その種類によっても異なりますが、約5~20ナノメートルという、顕微鏡でさえみえない極小サイズです。形は球状で、頻繁に形を変えながら、動き回っています。その反応速度も大変速く、中には1分間に行う化学反応の回数が4億回に達するものも存在します。

現在わかっているだけで体内に約2万種類以上の異なった酵素が存在するといわれていますが、今後も研究により、その数は増え続けていくものと思われます。

タンパク質さえ摂れば体内で酵素が増えるの?酵素ドリンクって意味があるの?それらの疑問について次ページで解説いたします。