まずは、酵素の無駄使いを防ぐため、食べ方を改善!

酵素解説

当たり前のようにしている食事。食物はどのようにして分解されているの?

食べ物の「消化」は、食べ物を口に入れた瞬間から始まります。太ることなく、健康的なスタイルでいたい方に是非心掛けていただきたいことが、よく噛むこと。

噛めば噛むほど消化を行う体内酵素は食物に働きかけ、栄養素の分解が進み、消化吸収に負担がかからないのです。

酵素は食物の微片の表面にしか働きかけることができません。ですから、よく噛むことにより、食物はより細かく砕かれ、表面積が広くなった状態で消化管を通ることになり、多くの消化酵素が食物片に浴びせかけられることになります。これにより栄養素の分解がしっかりでき、体内へのスムーズな取り込みが可能になるという訳です。

こうした消化の第一ステップでつまずくと、消化酵素の無駄使いが続き、消化吸収のお仕事に大きな負担をかけてしまいます。未消化の物質が血液に入り込んでしまい、アレルギーの原因になってしまうことも……。

ダイエットにも健康のためにも、まずはゆっくり時間をかけて食事をすることを心掛けてみましょう。

太らない体質作りは、食べる順番を見直すこと

酵素解説

「懐石食べ」とも言われている食べる順番を意識する方法。これを守れば、ダイエットだけではなく、アンチエイジング効果も期待できます。

水分の多いものは一般的に、より早く消化管を通過しますが、炭水化物やたんぱく質や脂肪が複合的にミックスされると、消化は複雑になり、時間もかかります。そうなると、消化酵素もより多く必要になります。

食べたものがなるべくスムーズに、最小限の消化酵素で分解吸収されるためには、消化に時間がかからないものを先に食べ、時間がかかるものを後にすること、そして、消化時間が違うものはなるべく同時にとらないよう心掛けましょう。

例えば、飲み物→サラダ→メインディッシュという順番。よくありがちなものとすれば、デザートに果物などがついてきますが、本来、果物は消化が早いものですので、もし食べるならば、食事の最初か、または空腹時の間食に食べることが理想です。朝食に、フレッシュジュースと果物を食べるならば、先にジュース、その後に果物を。

ポイントは、消化がスムーズなものから順番に食べるということです。


日々食べているこの食べ合わせが実は太りやすい原因になっていた!?
次ページで解説いたします。