酵素ダイエットの「痩せ効果」と「正しいやり方」とは?

酵素を含む食材をバランスよく、まんべんなく摂取するのが酵素ダイエットの基本!

酵素を含む食材をバランスよく、まんべんなく摂取するのが酵素ダイエットの基本!

一時期大ブームとなり、定番のダイエット方法になった「酵素ドリンク」を飲んで痩せるダイエット。

個人差はありますが、「効果があった!」という人もいれば「痩せない!」という人もいます。本当のところはどうなのでしょう?

実は、成功・失敗の分かれ道は、酵素ドリンクダイエットと合わせて「あること」を実践しているかどうか? がポイントでした。

【INDEX】
「酵素ドリンクで痩せない」人がいる理由は?
市販の酵素ドリンクを使った酵素ダイエットの効果的なやり方
手作り野菜ジュースを使った酵素ダイエットの効果的なやり方
酵素ダイエットの効果を出す4つの生活習慣
1.酵素を無駄遣いしない、栄養バランスのいい食事を摂る
2.風呂や食べ物で、夏でも「温活」
3.ストレスを溜めない
4.筋肉を増やし、血行をよくする運動をする
酵素が活発に働けるようにコンディションを整えるのが大事



「酵素ドリンクで痩せない」人がいる理由は?

不足がちな野菜や果物は意識的に摂取するようにしましょう!

体に吸収されない? 本当はやせない? ……などいろいろな情報が出回り、混乱した方も多いですが、実際のところどうなのでしょうか?


「酵素ドリンクで痩せられなかった」という人が多いのはなぜでしょう?それは、酵素に対する解釈を間違えているためです。

一般的に酵素ダイエットと言うと、酵素を多く含む野菜や果物を使った手作りジュースで酵素ドリンクダイエットをする人もいれば、各メーカーから発売されている酵素ドリンクやカプセル型のサプリ等を使う人もいますよね。

酵素はたんぱく質でできているので、食材に含まれる酵素がそのまま体内で使われることはなく、アミノ酸という小さな形まで分解された後体内へ吸収されます。

小さく分解されたそのアミノ酸は体内で様々な形に合成され、再び酵素になったりコラーゲンになったり、筋肉を作ったりします。

このように摂取した酵素は体内では酵素以外の形にも変化するので、酵素を摂取したからと言ってそれだけで痩せられるわけではなく、あくまでバランスのよい食事や運動あってのダイエット方法です。

酵素ダイエットは、「飲むだけで痩せる」というものではなく、「酵素入りのドリンクや食材を取り入れることで、酵素を補給し、消化や代謝を促すことで痩せられる」
という考えに基づいたダイエット方法だったのです。


市販の酵素ドリンクを使った酵素ダイエットの効果的なやり方

市販の酵素ドリンク、いつどれくらい飲めばいいの?

市販の酵素ドリンク、いつどれくらい飲めばいいの?

◆日々の食生活に取り入れるなら、食前がオススメ

毎日の食生活に取り入れるなら、毎食前に飲むのがオススメです。食前に摂取することで、食後の消化、吸収を助けてくれるからです。
理想は食事の40分前、難しい場合は5~10分ほど前までには飲むようにしましょう。

◆食べ過ぎた後は、食事代わりにして「プチ断食」

・暴飲暴食の後は、朝食を酵素ドリンクに置き換え!

前日の夜、遅くまで食べたり飲んだりした時は、翌日の朝食の代わりに酵素を飲むのがオススメ。消化吸収を促しつつ、一晩で乱れた栄養状態を元の状態に戻します。昼食からは通常の食事に戻します。

・日中におやつを食べ過ぎた時は、夕食を酵素ドリンクに置き換え!

日中にお菓子をたくさん食べてしまった、カロリーの高い食事をしてしまった、という時は夕食を酵素に置き換えましょう。カロリーを抑えると同時に、日中に食べた分をしっかり消化します。

・平日の栄養バランスが悪かったときは週末酵素ダイエット

平日は仕事で忙しく栄養バランスまで気を使えない!という人は、週末の食事を酵素に置き換えるのがオススメ。朝食を酵素に置き換え、昼食と夕食は通常の食事を摂りますが、夕食は必ず18時までに終えるようにしましょう。週末の休日が2日間あるのであれば、2日間連続で行います。



手作り野菜ジュースを使った酵素ダイエットの効果的なやり方

酵素ダイエットundefinedAllAbout,酵素ダイエット,阿部エリナundefinedAllAbout

不足がちな野菜や果物は意識的に摂取するようにしましょう!

酵素は生の食べ物に多く含まれています。市販のドリンクではなく、生の野菜や果物の酵素を積極的に摂取してダイエットに活かすのも、ダイエットとして大正解です。

また、果物と野菜はビタミンやミネラル、そしてフィトケミカルが豊富に含まれています。ビタミンやミネラルは、脂肪燃焼等の代謝を活発にする時にサポートする役割があり、フィトケミカルは、抗酸化作用やガン予防等、美容と健康をサポートしてくれます。いろいろな成分を1つの食材にたっぷり含んでいるのが、果物と野菜の良いところ。野菜や果物を毎日摂取することで、酵素も摂取でき、さらに脂肪燃焼をサポートするビタミンやミネラルも摂取でき、そして美肌や健康もサポートしてくれます。天然のサプリメントですね。

これらの恩恵を上手に受けるには、1つの食材に偏らずに色々な食材をまんべんなく食べることです。1つの食材に含まれる栄養素の数や分量は異なるので、様々な物を摂取するほうが体内の栄養バランスを簡単に整えられます。

まるごと食べると数種類を同時に食すのが難しいので、ドリンクにすると取り入れやすいのです。一回でいろんな栄養素を摂取するには、手作りジュースがおすすめ。どんな食材でも良いので、2~4種類の野菜・果物を使いましょう。ジュースレシピの本を参考にしたり、マイレシピにどんどんチャレンジしてみるのも良いですね。

飲み方は、市販のドリンクと同じで、食前か、もしくは、朝昼夜、週末の食事どれかに置き換えるとよいでしょう。


酵素ダイエットの効果を出す4つの生活習慣

効果を出すために、あわせてやりたいこととは?

効果を出すために、あわせてやりたいこととは?


すべての酵素はたんぱく質を含んでいるので、摂取すると結果的に代謝を上げられる、という間接的な役割を担っています。ただし、上記の通り、酵素は体内で分解されてしまうので、酵素を摂取さえしていれば痩せられるということはありません。

しかし、分解された後、再度体内で酵素が活発に合成されたり、代謝の良い体作りをするために体内機能を活性化させることで体を痩せるサイクルに導くことができます。

では何をすればいいのでしょうか。下記を酵素ドリンクの摂取と同時に実施しましょう。



1.酵素を無駄遣いしない、栄養バランスのいい食事を摂る

あなたの体内では、食べ物から得た栄養素を活用して、体を構成したり、動かしています。

酵素ドリンクでダイエットを始めたら、酵素が無駄遣いされないように、栄養バランスの整った食生活を心がけましょう。体内の栄養バランスが整っている状態で酵素を摂取すると、酵素が効率よく体内で作り出されるからです。

酵素も、本来は体内の栄養素を活用して作られるものですから、栄養不良であれば生成される酵素の数も減ってしまいます。そこで、不足した分を酵素ドリンク、もしくは、酵素が豊富な生野菜や果物をたっぷり食べることで、結果的に体内の栄養バランスを整えられるので、より酵素を上手にたくさん活用できる=痩せやすく代謝のいい体になれる、ということです。

常に体内を栄養バランスの良い状態にするには、1汁2~3菜のスタイルで食事をいただくことが大切です。炭水化物に偏ることなく、肉料理や魚料理などのタンパク質メニューも野菜も毎食たっぷり食べるようにしましょう。


2.風呂や食べ物で、夏でも「温活」

お風呂に入って体を温めて。

お風呂に入って体を温めて。

体内で作られている酵素が体内でしっかり活動できるように体のコンディションを整えることも重要です。

酵素は37度前後…つまり人の平熱の状態で最も活発に働くので、体が冷えないように心がけることも大切です。低体温や冷え性で体が冷えていると、酵素による体内での化学反応は期待できません。それはつまり、代謝が落ちて痩せにくい体になるということです。

理想は酵素ダイエットと同時に、季節関係なく、体を温める「温活」に努めること。半身浴、岩盤浴やサウナなどの温浴施設の活用、温かい飲み物を飲む、運動をする。これらは効率よく体を温めてくれます。

熱を生む筋肉量が男性に比べて少ない女性は特に体が冷えがちで、酵素が働きにくい状態になりやすいのです。

とくに夏場は、肌を露出してる時間が長かったり、クーラーが効いている部屋に長時間いても、体は簡単に冷えてしまいます。肌を露出しすぎないよう出かけるときは常にストール等を持ち歩くのも良いでしょう。夏の暑い時期でもクーラーはあまり使わないほうが良いですが、クーラーの調整が難しい職場等ではやはり体が冷えがちです。

さらに、体を温めるのに有効なのは毎日の半身浴です。クーラーだけではなく冷たい飲食物を口にすることが多いので、1日の最後に半身浴でしっかり体を温める習慣をつければ平熱は徐々に上がってきます。

体内の酵素の働きを良くすることは、脂肪燃焼を早めることにつながります。そのためには、酵素がしっかり働けるように体を冷やさないよう心がけましょう。


3.ストレスを溜めない

ストレスを受けると、ストレスから体を守るために様々なホルモンが分泌されたり栄養素や酵素が分解されたり使われます。そのため、ストレスを多く抱えている人ほど体内の栄養状態が悪く酵素も少ない状態になっています。

また、ストレスは交感神経を活発にするために体を冷えやすくするため、酵素が体内で活発に働けません。酵素ダイエットを始めたらストレスをためない生活を心がけ、リラックスしたり楽しい時間を生活の中に多く取り入れるようにしましょう。


4.筋肉を増やし、血行をよくする運動をする

「温活」の項目でも述べましたが、慢性的な運動不足による冷えも酵素の大敵です。

厚生労働省の発表によると、平成21年の1日の平均歩数は、男女ともに平成9年と比較すると約1000歩も減っているそうです。便利な時代の到来とともに運動不足は深刻化しています。

運動不足は、体の熱を生み出す筋肉量を減らし、さらに血行が悪くなるので体がどんどん冷えていくのです。体の冷えは、酵素の働きを悪くして代謝を落としてしまいます。

酵素の働きを活発にするためには、定期的な運動で体を慢性的に温かい状態にすることもとても大切です。歩数を今よりも1000歩多く歩いたり、エスカレーターやエレベーターを使わないで階段を使うようにしたり、電車の中では座らずに立ったり、積極的に家事をしたり庭仕事をするのも立派な運動です。

ちょこまかと体をまめに動かすだけでも血行が促進されて、体が常に温まるようになります。今の生活の中で体を動かせる場面は、考えればたくさんあるはずです。まずは日常生活の中で体をまめに動かすことから始めてみましょう。


酵素が活発に働けるようにコンディションを整えるのが大事

ダイエット

ただ飲めばいいダイエットはありません!

酵素ダイエットとは、体内の栄養バランスを整えて体を冷やさない
生活でこそ活きるもの。

摂取するものばかりにこだわるのではなく、脂肪燃焼をサポートしてくれる体内の酵素がより活発に働けるようにコンディショニングを整えることも、酵素ダイエットにおいては必須です。

野菜・果物ジュースの積極的摂取と半身浴と運動。これらを習慣にできれば、酵素ダイエットは成功です!

「そもそも酵素ダイエットは本当に痩せるの?」さらに詳しい記事はこちら>>


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。