月のリズムと身体への影響

解説

月は古来から神秘の星として多くの影響を与え続けています

古来から人類は、月に魅せられてきました。美しいだけではなく、何か不思議な力を秘めた存在の月。大海をも動かす月が、水を多量に含む私達の体に及ぼす影響は、まだまだ未知の部分も多いとはいえ、小さくないことは事実です。

「満月の時は出産が増える」「満月の夜に犯罪や事故が増える」という話を一度は耳にしたことがあるかもしれません。満月は最も月の引力が強い日となります。そのため、外科手術では出血量が多くなるとも言われています。その他にも、満月の日にはウミガメやサンゴ、サケが産卵するなど、影響を受けているのは人間だけではありません。

このように、地球上に様々な影響をもたらす月という神秘的な存在ですが、特に女性の体には密接な関わりがあります。月のサイクルは女性の理想的な月経周期とほぼ同じなのです。女性の体は、月経から排卵までの間に引き締める力をとり入れることで新しい命をつくる準備をし、排卵から月経までの間に、緩める力をとり入れることで、体の老廃物を排泄していく仕組みをもっています。

月のリズムとあわせると、月経のときが満月で、排卵のときが新月にあたります。女性は月経周期にあわせて、お肌の状態や心のバランスも変化しますので、そこに月のリズムにあわせた過ごし方をすることで、より自然界との調和がとりやすくなり、上手にデトックスができたり、太りにくい生活にすることができるのです。

ファスティングやダイエットに向いている時期は……

解説

ダイエットやファスティングに最適な時期は新月

満月時期は、すべてにおいて吸収力がアップします。必要な栄養素もしっかりとりこめますが、それだけではなく、食品添加物や農薬などの化学物質もいつもに増してとりこみやすくなるのです。そのため、ダイエットに意識を向けるよりは、より栄養濃度の濃いバランスのとれた食事を心掛けるとよいですね。

ファスティング(断食)にむいている時期といえば、新月です。新月は浄化をする力が強い時期。新月も月の引力は強い時期ですが、作用は満月時期とは逆になります。ファスティング(断食)やダイエットをスタートさせるならば、とりこみやすい満月が過ぎ、新月にむかう下弦の時期に行うのもよいでしょう。

次ページで、月の満ち欠けとそれぞれの時期に適した過ごし方について解説致します。