ファスティング(断食)は復食期が肝心

復食期・回復食がファスティング(断食)を成功させるカギ

ファスティング(断食)は復食期がカギとなります

3日間以上の長いファスティング(断食)を行う場合、必ず意識しないといけない3つのステップがあります。それは、ファスティングを行う前の「準備期」、「ファスティング期」、ファスティングが明けてからの「復食期(回復期)」です。
  •  
その中でも特に気をつけなければいけない時期は「復食期」です。ファスティング中は空腹を感じることがなく継続できた場合も、ファスティングが明けてからは、気持ちが焦り、急いで普段通りのお食事に戻してしまう人もいます。

しかし、胃腸がお休みをしていた後に突然普段のお食事をしてしまっては、当然不調になってしまったり、リバウンドしやすい状態になってしまい、結果、頑張ったファスティングが復食期の過ごし方によって、「失敗」に終わってしまうのです。

せっかく正しく行い、クリーニングされた体内。雑にものをつめてしまうことがないよう、ゆっくり慎重に胃をならしていきましょう。

<Index>  

復食期の回復食は何を食べたらいいの?

復食期・回復食がファスティング(断食)を成功させるカギ 重湯

ファスティング明けは重湯から

基本的に復食期の食事のメインは、お粥と味噌汁です。ファスティングから明けたばかりの復食期1日目の朝は重湯がよいでしょう。そして午後からは、お粥や具なしのお味噌汁をゆっくり頂きましょう。

また、3日間以上のファスティングをした場合は、3日間の復食期が必要となります。復食期2日目からは、野菜や豆類、きのこ類なども加えたおかずとお粥を頂くとよいでしょう。また日頃からフレッシュジュースやスムージーを手作りしている人は、それらを復食期の食事や間食として摂りいれるのもよいでしょう。

2日目からはおかずを頂けるとはいえ、ゆっくりよく噛んで、徐々に量を増やしていくようにしましょう。
 

ファスティング後の復食期3日間メニュー例

ファスティング(断食)明け

断食明けは、とにかく慎重に徐々に固形物に戻していきましょう

3日間のファスティング終了後の復食期は、1日1日量を増やし、固形物に慣らしていく大切な期間です。下記の一例はメニューの参考になさって下さい。
 
  • 1日目朝:白米の重湯
  • 1日目昼:白米のお粥、具なしの味噌汁
  • 1日目夜:白米のお粥、具なしの味噌汁
  • 2日目朝:手作りスムージー、生姜白湯
  • 2日目昼:白米のお粥、豆腐の味噌汁、梅干し
  • 2日目夜:玄米のお粥、ワカメとなめこの味噌汁、豆腐の野菜餡かけ
  • 3日目朝:野菜たっぷりのお味噌汁
  • 3日目昼:玄米のお粥、大根の味噌汁、納豆
  • 3日目夜:玄米リゾット、キノコと野菜豆乳シチュー、サラダ
復食期・回復食の具材は細かく切り、ゆっくりよく噛んでいただきましょう

具材は細かく切り、ゆっくりよく噛んで頂きましょう

ファスティングと同じ日数の復食期を過ごします。主食はご飯よりもお粥の方が消化に優しいので理想です。また初日は玄米粥より白米粥がお勧め。

3日間の回復食が終わったらようやく普段通りの食事です。ただし、普段通りとはいえ、今まで休めていた消化器官を突然酷使させるような食事の仕方は厳禁です。ここで一気に食べ過ぎてしまうと、腸閉塞など、何らかの健康トラブルを起こしてしまう可能性もゼロではありません。

バランスのいい和食を心掛け、出来る限りゆっくり少量を良く噛んで頂くことを心掛けましょう。
 

ファスティング後は五感が研ぎ澄まされる

ファスティングで心身ともにデトックス

心身ともにデトックスができるファスティング

ファスティング後の回復食の美味しさは言葉にできないほどです。体内に固形物が入ってこなかった期間に味覚も嗅覚も研ぎ澄まされ、全身全霊で、目の前にある食事を楽しみ、感謝をしながら頂くことができるでしょう。

一口ずつ噛み締める中で感じる、食事を頂けることに対しての感謝の気持ち。作ってくれた方の苦労……。そんな中で、改めて食に対しての意識が変わることでしょう。意識が変われば食べるものが変わってきます。

戦後を生きた日本人がそうであったように、一度飢餓状態を体験した人は、決して食べ物を粗末にすることはありません。過食への罪悪感もとりわけ強いことでしょう。

飽食の限りをつくし、体にも脳にも大きなダメージを与えていた人も、ファスティングを行うことで、こういった意識がガラリと変わります。心身に与えるファスティングの効果はいうまでもありませんが、自分の生き方をもう一度原点から見直すきかけになるという点も、ファスティングを実施する意味として見逃せません。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。