ファスティング(断食)は終わってからが肝心

ファスティング解説

ファスティングは復食期がキーとなります。

3日間以上の長いファスティング(断食)を行う場合、必ず意識しないといけない3つのステップがあります。それは、ファスティングを行う前の「準備期」、「ファスティング期」、ファスティングが明けてからの「復食期(回復期)」です。


その中でも特に気をつけなければいけない時期は「復食期」です。ファスティング中は空腹を感じることがなく継続できた場合も、ファスティングが明けてからは、気持ちが焦り、急いで普段通りのお食事に戻してしまう人もいます。

しかし、胃腸がお休みをしていた後に突然普段のお食事をしてしまっては、当然不調になってしまったり、リバウンドしやすい状態になってしまい、結果、頑張ったファスティングが復食期の過ごし方によって、「失敗」に終わってしまうのです。

せっかく正しく行い、クリーニングされた体内。雑にものをつめてしまうことがないよう、ゆっくり慎重に胃をならしていきましょう。

回復食は何を食べたらいいの?

ファスティング解説

ファスティング明けは重湯から。

基本的に復食期の食事のメインは、お粥と味噌汁です。ファスティングから明けたばかりの復食期1日目の朝は重湯がよいでしょう。そして午後からは、お粥や具なしのお味噌汁をゆっくり頂きましょう。

また、3日間以上のファスティングをした場合は、3日間の復食期が必要となります。復食期2日目からは、野菜や豆類、きのこ類なども加えたおかずとお粥を頂くとよいでしょう。また日頃からフレッシュジュースやスムージーを手作りしている人は、それらを復食期の食事や間食として摂りいれるのもよいでしょう。

2日目からはおかずを頂けるとはいえ、ゆっくりよく噛んで、徐々に量を増やしていくようにしましょう。

具体的にどのようなメニューで過ごせばよいのでしょうか。次ページで復食期メニュー例をお伝え致します。