お酒は味方?それとも悪者?

お酒と賢くつきあおう

お酒と賢くつきあおう

酒は百薬の長、とはよくいったもので、アルコールは昔から、滋養にいいと治療薬としても用いられてきました。しかしながら、飲みすぎた日の翌朝、全身むくんでいたり、胃が悪くなったりした経験がある方もいらっしゃるでしょうし、「飲みすぎて最近太ってきた」という声もよく聞きます。美容とアルコールは、決して一緒に語られることのない真逆の関係のように思われがちですが、実は、アルコールも飲み方によっては、アンチエイジングに最高のツールになるのです。

もちろん、お酒を大量に飲みすぎるのは、アンチエイジングには大敵。アルコール性肝硬変など肝疾患の原因になることはご存じの方も多いと思いますが、とある研究によると、コップ4杯以上のアルコールを毎日飲む人は、そうではない人に比べてがんのリスクが高まるといわれています。

また、アルコールには、体内のビタミンと水分を分解してしまう作用があります。お酒を飲んだ後に、やたらおなかがすいたり、のどが渇いたりした経験はありませんか。これは、アルコールを分解するときに、水分とビタミンが大量に消費されるからです。

やたらおなかがすくのは、アルコールによって、満腹中枢を刺激するホルモンであるセロトニンが不足してしまうからです。厳密には、セロトニンの材料であるビタミンBを、アルコールが壊してしまうので、セロトニンの合成が低下してしまうことによります。

セロトニンは、満腹中枢を刺激するだけではなく、睡眠にもかかわっていたり、あとは、ストレスを減らす作用があります。お酒を飲みすぎると、変な時間に目が覚めたり、イライラしたりした経験はありませんか。それは、セロトニンが不足することで起こる作用です。


アルコールで元気がなくなる理由は、ビタミンB

アルコールでビタミンBが壊されてしまうことで、セロトニンが不足するだけではなく、さまざまな体の不調があらわれます。ビタミンBには、糖質や脂質を分解してエネルギーに変えてくれる働きがありますが、B不足になると、エネルギーが作れなくなってやたら疲れやすくなります。居酒屋メニューに多い揚げ物や炭水化物のカロリーがエネルギーに変換できず、そのまま脂肪へと変わってしまって肥満につながります。また、粘膜をつくってくれるのもビタミンBなので、不足すると、口内炎やニキビの原因になります。

お酒を飲むときには、必ずビタミンBを摂取するように心がけましょう。特にアルコールによって不足しやすいビタミンB1は、牛肉や豆類、米ぬか、ハム、オレンジなどに含まれます。比較的外食などでも摂りやすいビタミンなので、メニューを選ぶときの参考にしてみてください。

ビタミンB1について少し触れておくと、このビタミンは、主に糖類の分解にかかわっています。疲労物質である乳酸を分解してくれるので、不足すると筋肉痛やからだのだるさにつながります。また、神経にもかかわっているビタミンB1は、脳の働きを活発化して、精神を安定させる働きを持っています。不足するとイライラするのは、ビタミンB1不足によっても起こるし、「なんだか頭がまわらないな」という状態になりやすくなってしまいます。

また、アルコールを飲むことで、アセトアルデヒドという有害物質が体内で発生しますが、ビタミンB1は、このアセトアルデヒドを体の外に排出してくれる働きがあります。1日のビタミンB1所要量は、成人男性ならば1.1mg、成人女性で0.8mgです。とんかつ1人前、ウナギのかば焼き約2串分くらいです。


こんな人は要注意!

アルコールは、好き嫌いが分かれる飲み物でもあります。「体質的に飲めない」という人がいたり、味を好まなかったりする人もいます。顔が赤くなる人とそうならない人がいたりしますが、いったい、何の違いで、「顔に出やすい、出にくい」は決まるのでしょうか。

アルコールを摂取すると、肝臓で「アセトアルデヒド」と呼ばれる物質に変換されます。これは人体にとって有害な物質で、食道がんとの関連性も指摘されています。アセトアルデヒドが合成されるときに大量の活性酸素が発生し、全身の細胞にダメージを与えてしまいます。

アセトアルデヒドは、すぐに酵素で分解されて酢酸という無害な物質に変わりますが、遺伝的に、有害なアセトアルデヒドを分解する力が強い人と弱い人がいます。アセトアルデヒドがなかなか分解されず残ってしまう人は、お酒を飲んで気持ち悪くなったり気分が落ち込んだり、あとは顔がすぐに赤くなったりします。

「すぐに顔に出る」という人は、お酒はほどほどにしたほうがよさそう。顔が真っ赤になっても飲み続けてしまう……なんて人は要注意。体がフケていく、っていうだけではなく、健康にもとってもよくないです。

アセトアルデヒドの有毒性を解消してくれるのは、野菜に含まれる栄養素。「ファイトケミカル」と呼ばれる、抗酸化力が非常に強い栄養素がありますが、これは、アセトアルデヒドだけではなく、たばこやストレスなどが原因で発生する活性酸素を除去してくれる作用があります、数万種類ものファイトケミカルがあるといわれ、ひとつの野菜の中に数百種類は入っているといわれています。アントシアニン、リコペン、カテキンなどの栄養素の総称のことです。アセトアルデヒドの分解を促進してくれるのは、赤色や黄色の野菜に多く含まれるファイトケミカル。飲みにいくときには、色の濃い野菜を選ぶようにしましょう。


アルコールを飲む目安って?

アルコールは、無計画に飲んでばかりいると、美容どころか健康にもよくありません。けれども、適量であれば「体に良い薬となる」ことは、江戸時代のベストセラー健康書「養生訓」にも記載されています。

「適量」とは、血中アルコール濃度が0.02%程度、と言われており、これは20g程度のアルコール量のこと。ウイスキーなら60ml、ビールなどなら500ml、日本酒なら180mlが目安です。女性は男性よりも体格が小さいので、これの約半分ぐらい、と思っていてください。体重50kgの人が、20gのアルコールを分解するためには、だいたい3~4時間がかかるといわれているので、参考にしてみるのもよいでしょう。

心疾患や脳卒中などの脳血管系疾患とアルコールの関連性も、最近の研究では明らかになりつつあります。飲みすぎると、疾患のリスクになりますが、適量を守って飲酒を続けていると、明らかに心疾患の発生リスクが低いことが証明されています。