メルカリPC版でできること

メルカリのホームページには、アプリ版にはない情報がある

メルカリのホームページには、アプリ版にはない情報がある

メルカリはスマホやタブレットで!というイメージが強いのですが、実はパソコンからでも利用することができます。出品や商品の検索、購入などスマホと同じように取引を進められるので、パソコンから参加しているユーザーも少なくないと思います。私自身は、タブレットとパソコンの両方を使っています。文字入力はパソコンの方が得意なので、文章が長くなりそうな場合にはパソコンからの出品が多くなります。一方で、本はメルカリカウルで出品をしたいので、この場合にはタブレットからの作業になります。メルカリカウルの特徴であるバーコード読み取りによる出品はパソコンからではできませんし、そもそもパソコン対応のサービスではないからです。

また、パソコン版にはヘルプ&ガイドとして、「車体取引ガイド」、「返品・返金ポシリー」、「メルカリあんしん・あんぜん宣言!」、「偽ブランド品撲滅への取り組み」などの項目があります。たとえばキャンセルや返金についてを見ても、スマホとパソコンでは表示の仕方が違っていたりするので、できれば両方で確認をしておくといいかもしれません。
   

メルカリPC版は、ゆうゆうメルカリ便の選択肢がない

アプリ版のメルカリで出品をするときには、発送方法に「ゆうゆうメルカリ便」が選択肢のひとつとして入っていますが、パソコン版ではそれがありません。
パソコン版ではゆうゆうメルカリ便を選択できない

パソコン版ではゆうゆうメルカリ便を選択できない


ただし、パソコン版での出品時に違う発送方法を選んでいたとしても、アプリ版で編集をして発送方法をゆうゆうメルカリ便に変更することは可能です。
 

メルカリPC版は、カテゴリーの自動設定がない

スマホやタブレットのアプリ版のメルカリでは、写真や商品名を入力すると、自動的にカテゴリーが選択されるのですが、パソコン版ではこの機能がありません。
 

メルカリPC版は、売れやすい値段の表示がない

販売価格を決めるとき、参考になるのが「売れやすい価格」です。アプリ版ならば、出品時に過去のデータから導き出した売れやすい価格を表示してくれることが多いのですが、パソコンでは金額の表示がありません。そのため自分で調べて価格を決める必要があります。
 

メルカリPC版は、出品の下書きができない

出品をするとき、アプリ版は下書き保存ができますが、パソコン版ではそれができません。出品画面を見ても、その違いは明白です。そのため、もし途中で出品をストップさせるのであれば、アプリからの出品にするのが賢明です。
 
アプリ版なら出品時の下書き保存が可能

アプリ版なら出品時の下書き保存が可能

 
パソコン版だと、下書きの機能がない

パソコン版だと、下書きの機能がない

 

メルカリPC版とアプリ版の商品の検索の仕方の違い

パソコン版で商品を検索するときには、キーワード検索とカテゴリー検索、ブランド検索が使えます。カテゴリーやブランドは、アプリ版と同じです。トップページの検索窓のすぐ下にカテゴリーとブランドの検索があるので、そこから探していきます。

検索条件の保存は、パソコン版ではできませんが、検索条件を絞り込むことは可能です。カテゴリーやブランド、サイズ、色、価格、商品の状態、販売状況などを設定すれば、自分が欲しい商品をスムーズに見つけることができます。
 
商品の検索条件を絞り込むことはできる

商品の検索条件を絞り込むことはできる

 

メルカリPC版は、商品名の表示がある

アプリとパソコンでは、商品の表示の仕方が少し違います。アプリ版で商品を検索した段階では商品名は表示されません。写真をタップして詳細を確認するときになってはじめて、商品名がわかります。
 
アプリ版で商品を検索した場合

アプリ版で商品を検索した場合

 
パソコン版で商品を検索した場合

パソコン版で商品を検索した場合


またアプリ版ではスクロールすることでどんどん商品を見ていくことができますが、パソコン版ではページを変更していくやり方になります。
商品を見るためには、次のページを開く必要がある

商品を見るためには、次のページを開く必要がある

 

メルカリPC版は、出品の地域を選んで購入できる

パソコン版で商品を探すときに、出品者の地域を選ぶことができます。ホームページの下の方に「出品地域一覧」があり、都道府県別に検索することが可能なのです。都道府県を選ぶのは、着払いのときに重要になってきます。らくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便であれば、全国一律の料金ですが、宅急便やゆうパックの着払いだと一律料金ではありません。そのため、買う側からすれば出品者の地域によっては送料が高くなってしまうので、できるだけ近くの都道府県を選びたいと思うのです。そんなときに役立つのが、出品者の地域での商品検索というわけです。
 

メルカリPC版からの会員登録では招待コードが使えない

メルカリに登録するとき、招待コードを入力するとくじ引きができて、メルカリポイントがもらえます。でも、これができるのはアプリからの登録で、パソコンからの登録では招待コードが使えません。

関連記事:ポイントがゲットできるメルカリの招待コードの使い方
 

メルカリPC版の支払いは、クレジットカードとポイントの2つのみ

アプリ版の支払い方法は、クレジットカード、コンビニ払い、携帯電話のキャリア決済、ATM払い、ポイント使用、売上金使用がありますが、パソコン版ではクレジットカードとポイント支払いしかありません。売上金があっても支払いのタイミングで表示されないので、使えないということになります。
実際にパソコン版から商品を購入してみた。

実際にパソコン版から商品を購入してみた。


クレジットカードや売上金であれば手数料がかからないこともあって、カード番号を登録しているユーザーも多いのですが、カードを持っていない学生などはコンビニ払いを利用するようです。そうなるとパソコンからの購入ができないことになるのですが、恐らく学生など若い世代はスマホを持っているので、メルカリもアプリを通して参加しているという考えなのだと思います。アプリならコンビニ払いや携帯電話のキャリア決済も可能となります。

関連記事:手数料に要注意!メルカリの支払い方法の種類と比較
 

メルカリPC版は、ログアウトができる

メルカリは1つのデバイスに対して1つのアカウントとなっているので、スマホやタブレットにはログアウトの機能がありません。一方パソコン版にはログアウトがあります。


このように、同じメルカリであってもアプリ版とパソコン版では機能が違っています。どちらが使いやすいかは人それぞれだと思いますが、アプリ版の方が機能は充実していると言えそうです。

>メルカリ PC版(公式サイト)

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。