メルカリには出品してはいけない出品禁止物、そして出品や取引においてしてはいけない出品禁止行為があります。実はこれらの禁止事は、意外と頻繁に変更されています。また新たに追加されることもあるので、定期的に確認しておく必要がありそうです。

今回の記事では、メルカリの出品禁止物一覧の調べ方や知らないと利用制限になってしまう物を紹介します。
 

出品禁止物や禁止行為の確認の仕方

まずはメルカリにおいて出品禁止物や禁止行為をどうやって確認すればいいのか、この方法を見ていきましょう。

1. マイページのガイドをタップします。
マイページのガイド

マイページのガイド

2. ルールとマナーをタップします。
ルールとマナーをタップ

ルールとマナーをタップ

3. 禁止物と禁止行為が表示されます。
出品禁止物と禁止行為が表示

出品禁止物と禁止行為が表示される

4. それぞれをタップすると、詳しい内容が表示されます。
出品禁止行為

出品禁止行為

出品禁止物

出品禁止物

特別な注意喚起の場合、ニュースでお知らせがくる

ユーザに特に気をつけてほしいことに関しては、メルカリから直接お知らせが届くこともあります。例えば2021年5月7日には、「山菜・きのこ類を出品する際のご注意」として注意喚起がありました。
メルカリからの注意喚起

メルカリからの注意喚起

このお知らせによると、山菜やきのこを私有地、公有地にかかわらず無許可でとってしまうと森林窃盗罪となり、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金が課せられると書かれています。

これはメルカリで禁止している「盗品など不正な経由で経路で入手した商品」になるため、違反を確認した場合には商品削除や利用制限になる場合もあります。他にも食用にできない山菜、もしくは食用と判断が難しい食べ物の出品や、気温が高くなる中での配送方法などについての注意も書かれていました。
 
メルカリが特に大切だと思うような注意事項は、このようにして個別にニュースとしてお知らせが届きます。取引に関わるとても大事なことなので、必ずチェックしておきましょう。
 

転売についての記載がなくなった

一方で、特に何の知らせもなくルールが変わってしまうこともあります。例えば転売に関してです。

以前メルカリでは、送料や手数料を考慮しても定価と比較してあまりにも高額になってしまうような商品は転売品となり、販売するのは禁止されていました。しかし今は禁止行為に転売についての記載がなくなっています。

これに関して筆者は不思議に思ったので、メルカリに問い合わせをしてみました。その結果、メルカリでは「高額であることをもってすべての商品を取り締まることが難しい」との返事がありました。高額の定義が人によって異なりますし、商品の価格はユーザが決めることであり、そこに対してメルカリが強く制限をかけるのが難しいのだと思います。
 
そのため今は転売される可能性があるものに関しては、メルカリからの注意喚起としてお知らせがくるようになっています。ファーストリテイリングとメルカリとの協力関係(※)にもありますが、GUやメルカリの商品に関しては、高騰する可能性がある物に関してメルカリからの注意メールが届きます。
転売品の注意喚起のお知らせ

転売品の注意喚起のお知らせ

最近では、GUと蜷川実花さんのコラボ商品に関して、注意喚起のお知らせがありました。

(※)「メルカリとファーストリテイリング、安心・安全な取引環境の構築に向けた包括連携協定を締結
 

株主優待も出品できるけれど

メルカリでは以前は株主優待券が出品禁止物になっていたと筆者は記憶しているのですが、今は出品が可能になっています。
航空券や乗車券、旅行券は出品禁止

航空券や乗車券、旅行券は出品禁止

ただ出品禁止物として航空券、乗車券、旅行券、商品券、ギフト券などは明記されているので、それ以外の株主優待になりそうです。
 

知らずに出品をして利用制限になってしまう可能性がある

出品禁止物や禁止行為についてきちんと把握していない場合、ルールを破ってしまうこともあります。そうすると最初は商品の削除だけで済むのですが、何度も繰り返すと利用制限を受けることもあります。
 
筆者もちょっと分からない部分ではあるのですが、自分が削除された商品でも、メルカリを見ると同じ商品が出品されていることがあります。

以前マッサージクッションを出品したときに、筆者はメルカリから商品が削除されました。どうやら医療機器と判断されてしまったようなのです。でもメルカリを見ると、同じ商品が出品されていました。削除される商品と削除されない商品の線引きがはっきりとは分からないままではあるのですが、また出品をしてしまうと次は利用制限になってしまう。そう思って筆者は出品を諦めました。
 
出品禁止物や禁止行為に関して、基本となる事柄はメルカリのガイドに記載されています。ただ一歩踏み込んだ部分、例えば先ほどの同じ商品でも削除になるならないの線引きに関しては、ユーザにとって分かりづらいこともあります。

その場合にはメルカリ事務局に質問してみるのが一番手っ取り早く、正確な情報が得られる方法です。メルカリ事務局もきちんとした回答をしてくれるので、それに沿って出品もしくは取引をしていくと、ペナルティーを受けることも回避できるでしょう。


【メルカリの使い方おすすめ記事】
メルカリの使い方を徹底解説! 始め方を出品/購入別に分かりやすく紹介
メルカリ発送方法の種類と比較! 安いのは?
メルカリで即売れる10のコツ!
メルカリで売れないのはなぜ? 
メルカリで多いトラブル事例8選!
メルカリでいいねがつく意味とついても売れない理由

【こちらもチェック!】
メルカリで洋服を売る3つのメリット! よく売れるブランドや注意点は?
「終活」の不用品整理でメルカリを使う際、やってはいけない3つのこと
メルカリ梱包の簡単なコツ! ひと工夫で商品がより安全に届く梱包方法
メルカリで出品者を検索するには? フォローがおすすめ?
100均など安い商品をメルカリで売るコツは?
4月にメルカリで売れやすい商品はコレ!
教科書はメルカリに出品してもいい? 新年度に気をつけたいフリマアプリの使い方
 

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。