ミシュランガイド京都・大阪2018

ミシュランガイド京都・大阪2018

「ミシュランガイド京都・大阪2018」表紙 (C)MICHELIN

全国の皆様お待ちかね(?)のミシュランガイド関西版の最新最速特集記事です! 今年も「ミシュランガイド京都・大阪2018」が2017年11月10日(金)に刊行されます。

書籍に関する詳細データは下記の通りです。

書籍データ
タイトル: ミシュランガイド京都・大阪2018
発売日: 2017年11月10日(金)
発 行: 日本ミシュランタイヤ株式会社

ということで、今回もミシュランガイド関西版の特集記事として、「京都」「大阪」の三ツ星獲得店リストを速報でお送りいたします!

それではさっそく、京都の「三ツ星」獲得店を御紹介しましょう。


京都の三ツ星店一覧(2018)

・菊の井 本店
・吉泉
吉兆 嵐山本店
・千花
・なかむら
・瓢亭
・未在

飯田


京都エリアの結果について

京都の三ツ星は「飯田」が新たに三ツ星に昇格! 「飯田」は姉小路富小路という京情緒が残るエリアにあり、建物は元・茶道具商宅という雰囲気も京都らしさに満ちた一軒。料理の美味しさはもちろん、器のセンスも抜群で、まさに三ツ星にふさわしい一軒といえます。これで、京都の三ツ星店は前回から一軒増えて、計8軒の三ツ星! やはり京都は和食が強いですね。

とはいえ、今年の京都は西洋料理シーンでも様々な動きがありました。なかでも注目なのが、中堅クラスの人気シェフたちの動向。例えば、今年9月には間之町通の「クレメンティア」が「ルーデンス」と店名を変えて移転オープンされましたし、鹿ケ谷の「ビーニ」も同じく今年9月に中京区に移転オープン。

さらには、芦屋の一つ星レストラン「コシモプリュス」が二号店「祇園 呂色」を今年11月15日にオープン予定。小霜シェフの新展開、楽しみですね。

他にも東京で活躍されてきた若手シェフが独立して京都で新店をオープン準備中、等々、他にもいくつか新店ニュースもあり、今秋から来年にかけての京都ガストロノミーシーンは超注目です。


京都のビブグルマン(2018)

京都のビブグルマンも新しいお店がリスト入りしていますが、なかでも「天ぷら 奇天屋」と「天ぷら よしおか」という地元民からも評価の高い天ぷらの実力店の追加は誰もが納得の結果と言えるでしょう。他にも「蕎麦流々 千角」、「ラ・プレーヌ・リュヌ」など、実力ある良店が続々とビブグルマン入りしました。


大阪の三ツ星店一覧(2018)

・柏屋嘉翆庵
・太庵
・弧柳

・Hajime


大阪エリアの結果について

ついに日本のトップレストランの一つ「Hajime」が三ツ星に返り咲き! おめでとうございます! 日本……いや、世界の食文化において、私の知る限り、ミシュランガイドで三ツ星に返り咲くというのは極めて数少ないことだと思いますし、日本のガストロノミークロニクルにおいて歴史の1ページとなりえる素晴らしき偉業といえるでしょう。

これで大阪の三ツ星は西洋料理の三ツ星も含めて、計4軒になりました。

さらに、今年リニューアルした「アニエルドール」も一ツ星を獲得! ザ・リッツ・カールトン大阪のフランス料理店「ラ・ベ」や、ANAクラウンプラザホテル大阪にオープンした「メゾンタテルヨシノ」、元・ユニッソン・デ・クールの阪本シェフが独立されて開いた「オノウエ」、東天満にある「ラ・カンロ」も一ツ星となり、関西のガストロノミーシーンも盛り上がりを見せてきた印象です。

ただ、今年9月に二つ星フレンチ「ポワン」が休業されるという大阪フレンチシーンにとっては残念なニュースもありました。休業とはいえ、中多シェフにとって次のステップのための決断だと思いますので、中多シェフの次の新しい展開に期待したいところです。 


大阪のビブグルマン(2018)

大阪のビブグルマンも様々なジャンルのお店が追加されていますが、「ラーメン店」が3軒、「たこやき店」が3軒、「お好み焼き店」が2軒、新しくビブグルマン入りし、より大阪らしいラインナップになった印象です。京都のビブグルマンも含めて、ミシュランガイドのビブグルマンは年々、精度と実用性が高まっていますね。観光客にも地元民にも普段使いとして使える内容といえるでしょう。


書籍データ

タイトル: ミシュランガイド京都・大阪2018
発売日: 2017年11月10日(金)
発 行: 日本ミシュランタイヤ株式会社
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。