京都から芦屋に移転オープン「コシモ・プリュス」

外観

コシモ・プリュスの外観。店前にはオープン祝いの花が並んでいます

阪神間のベッドタウンとして名高い芦屋。舌の肥えた住人たちを満足させるべく、当然のように次々と料理店が開店し、しのぎを削っていますが、そんな芦屋に先月、突如として新星フレンチレストランが姿を現しました。

その店の名は「コシモ・プリュス(Koshimo Plus)」。シェフは小霜浩之さん。京都は三条柳馬場の町家で8年半の長きにわたり「実力と人気を兼ね備えたフレンチ店」と認められていた「ドゥーズ・グー」に幕を下ろし、まったく新しい環境と自分らしいコンセプトで勝負するために心機一転、支配人でソムリエでもある小林正裕さんと共に芦屋へ移転して来られたのです。そして今回の移転を機に、店名もシェフご自身の名前を冠した「コシモ・プリュス(Koshimo Plus)」に改められました。

内装

コシモ・プリュスの内装

移転を決意されたきっかけは、以前の店舗ではどうしてもクリアできなかったシェフの願望、つまり「お店とお客様の全てに目を向けながら、流れるようなタイミングで料理を作りたい」という長年の夢を実現するため。

実際、店内はメインダイニングのみで、オープンキッチンと全ての席を見渡せるように配置された24席が、ゆったりと広い席間で配置されています。亜鉛かと見紛う床はステンレスを磨いて艶を和らげたもの。白木の角材を縦に並べ、曲線を描くように配置した壁面と好対照を見せています。

次ページでは、ディナーコースから御紹介していきます。