京都の和食おすすめベスト5!

京都といえば和食、和食といえば京都、というぐらい京都には数多くの和食店が軒を連ねています。三ツ星が輝く名店から、数百年もの歴史を持つ老舗料亭、新進気鋭の若手料理人の話題店、さらには大阪や滋賀の名店出身の店まで、世界トップレベルの京料理(日本料理)が当たり前のように食べることができる、実に稀有な都市と言えます。そこで今回は、そんな多種多様な京都の和食店の中から、麻生が選んだ京都和食BEST5をピックアップしてみました(順不同)。

もちろん、今回の記事では紹介しきれていない店も沢山ありますが、詳細データをすぐに読んでもらえるよう、過去に記事にさせていただいた店を中心にピックアップしております。店選びの参考の一つとして、役立てていただければ幸いです。


和ごころ 泉

白子筍の椀物
白子筍の椀物
「料理」「器」「心(おもてなし)」の三拍子そろった割烹「和ごころ 泉」。初訪問の方なんれば、必ず食べていただきたいのが、夏~初秋にかけていただける「鮎(または子持ち鮎)」の焼物。40分かけてじっくりと火入れされた「鮎」は香ばしく、旨味の凝縮感溢れる味わいなのです。他にも、「白子筍」や「骨抜き鱧」など、季節毎に様々な珠玉の御料理がいただけますし、何より特筆したいのが、最後に出される「水菓子」! 私の知る限り、特に「黒豆餅」は日本最高クラスの水菓子でしょう。これは是非ともリクエストして食べていただきたいですね。

価格帯は昼5,250円~、夜7,700円~となっており、下記の詳細記事では夜1万円のコースを御紹介しています。

詳細記事:あの名店の移転後は!? 京都・大阪グルメ最新事情(2016年)
詳細記事:和ごころ 泉(2009年)

<DATA>
・店名: 和ごころ 泉
・所在地:京都市下京区烏丸仏光寺東入ル一筋目南入ル 匂天神町634-3
・アクセス:京都市営地下鉄「四条駅」徒歩約2分
・地図:Yahoo!地図
・TEL:075-351-3917
・営業時間:12:00~13:00(LO)、18:00~19:30(LO)
・定休日:月曜日


祇園 にしかわ

桜鱒のキャベツ包み
桜鱒のキャベツ包み
一つ星を獲得した割烹「祇園 にしかわ」。今や京都の和食店を語る上で欠かせない人気店となりましたが、その実力は「花霞」時代から知る人ぞ知る腕前でした。若き料理長、西川正芳さんが繰り出す料理世界は、四季の彩りを存分に感じさせてくれる、実に多彩なものばかりで、特に「向附」の豪華さと、「出汁」の旨さは格別物。お値打ち度も高いですし、老若男女にオススメしたい一軒ですね。

昼は5千円~でアソビ心の効いた内容の料理が楽しめ、夜は西川さんの真骨頂とも言える豪華な内容となっています。詳しくは下記の詳細記事を御覧ください。

詳細記事:祇園 にしかわ

<DATA>
・店名: 祇園にしかわ
・所在地:京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る 下河原町473
・アクセス:京阪電鉄「四条駅」徒歩約10分
・地図:Yahoo!地図
・TEL:075-525-1776
・営業時間:11:30~14:00、17:30~21:00
・定休日:不定休

次ページでは、BEST5の続きを御紹介します