鶏がらスープで味つけ簡単!鶏飯(けいはん)レシピ

所要時間:60分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋スープ

 

鹿児島県の郷土料理「鶏飯」を作ってみよう!

「鶏飯」と書いて「けいはん」と読みます。ごはんの上に茹でた鶏肉を手で裂いてのせ、熱々のスープをかけていただく、鹿児島県(奄美群島発祥と云われている)の郷土料理です。

ヘルシーで栄養たっぷりの鶏飯を作ってみませんか。鶏がらスープを使えば、簡単に美味しく再現できます。

鶏飯(けいはん)の材料(4人分

具とご飯
ご飯 4人分
鶏胸肉 1枚
小さじ1/2 鶏肉の下味用
小さじ1 鶏肉の下味用
2コ(+砂糖小さじ1と塩1つまみ)
しいたけ 4枚(100g)
みりん しいたけの味つけ用 大さじ1/2
醤油 しいたけの味つけ用 大さじ1/2
かいわれ大根 適宜
スープ
6.5(1300cc)
大さじ3
鶏ガラスープの素 小さじ4
生姜 皮で良い 適量
ネギの青い部分 15cm
醤油 小さじ1.5~2
薬味・その他
昆布 昆布の佃煮 適宜
らっきょう またはたくわん、奈良漬などを適宜
きゅうり パリパリ漬け 適宜
わさび お好みで

鶏飯(けいはん)の作り方・手順

鶏飯(けいはん)を作る

1:胸肉は余分な脂を取り、塩と酒をふりかける

胸肉は余分な脂を取り、塩と酒をふりかける
鶏胸肉は、余分な脂を取り除き、塩と酒をまぶして常温で10分ほどおき、味をなじませる。

2:茹でる

茹でる
肉を鍋に入れ、水、生姜の皮、ねぎの青い部分、酒、ガラスープの素を入れて強火にかける。

3:煮立ったら弱火にし、アクを取り、10分茹でて1時間放置

煮立ったら弱火にし、アクを取り、10分茹でて1時間放置
煮立ったら弱火にし、ふたをせずに、やっと沸く程度の火加減で10分茹でる。汁につけたまま1時間置く。
途中、浮いてくるアクを取り除く

4:茹で汁をこして調味する

茹で汁をこして調味する
茹で汁を万能こし器でこして火にかけ、醤油を加え、味が足りなければ塩で調える。

すまし汁ぐらいの味加減で。
この時の塩は分量外。

5:肉を手で裂く

肉を手で裂く
肉を手で細かく裂き、皮は細く切る。

6:しいたけを焼く

しいたけを焼く
しいたけはサッと洗って水気を拭き取り、軸を取って網かグリルで焼き、ほぼ火が通ったところで、みりんと醤油を混ぜたタレをつけて香ばしく焼き、細く切る。

7:錦糸玉子を作る

錦糸玉子を作る
卵を溶きほぐし、砂糖と塩を混ぜて薄く焼いて、錦糸玉子を作る。貝割菜は3等分に切る。

錦糸玉子の作り方
卵を焼くための油は分量外。

8:丼にご飯をよそい、具をのせ、わさびをのせる

丼にご飯をよそい、具をのせ、わさびをのせる
丼にご飯をよそい、具をのせ、真ん中にわさびをのせる。
冷ご飯を使う場合はレンジで熱々にする

9:薬味と熱々のスープを添えて供する

薬味と熱々のスープを添えて供する
薄く切ったらっきょう、昆布の佃煮、きゅうりのパリパリ漬けと、熱々のスープを添えて供する。熱いスープをたっぷりかけて食べる。

きゅうりのパリパリ漬けの作り方

ガイドのワンポイントアドバイス

鶏胸肉を使いましたが、ささ身を使えば茹で時間はずっと短くてすみます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。