マラソン前夜は、アロマテラピーでゆっくり休む!

ストレッチする女性

循環を良くしておきましょう

スポーツは、前後の体のケアも非常に大切です。ここでも、アロマテラピーの効果を活かしてみましょう。

マラソン大会の前夜は、緊張や興奮で眠れなくなることがあるかもしれません。そんな夜は、鎮静作用のあるアロマでゆっくりからだを休めたいですね。

■おすすめのエッセンシャルオイル(アロマオイル/精油)
ラベンダーカモミールローマンスィートマージョラムひのき など


大会後は、ミントの足湯でほてりをクールダウン

フットバス

足浴(フットバス)にペパーミントオイルを入れる場合は多くても2滴まで

また、大会後は気分が高揚するとともに、からだの疲労もピークになります。
ラベンダー、カモミールローマン、スィートマージョラム、ひのきなどの鎮静効果のあるエッセンシャルオイルをお風呂に1~2滴落とせば、リラックスも倍増。よくかき混ぜてから入ってくださいね。

特に足がほてっているときは、ペパーミントを1滴だけ入れて足浴をします。(たくさん入れると刺激が強すぎるので注意)。スーっとして、体感温度が下がり、爽快感があります。


スポーツドリンク代わりに、ハイビスカスティー

赤いハイビスカスティー

色もキレイなハイビスカスティーですが、ここまで赤いハーブティーは他にありません

ハイビスカスはアオイ科の植物で、その萼(がく)の部分を乾燥させてお茶(ハーブティー)として飲むことができます。キレイな赤い色で、酸っぱい味が特徴。ちなみに、酸味はクエン酸によるもの。クエン酸は梅干しなどにも含まれ、肉体疲労回復に効果的です!

乾燥させたハイビスカス 小さじ1杯がカップ1杯分の目安。紅茶を入れるようにしてお湯を注いで飲んでください。冷やしても構いませんので、スポーツをした後の水分補給にも是非。

このようにアロマテラピーは、集中力維持、鎮静作用、クールダウン、肉体疲労回復などに役立ちます。ぜひアロマの力を使ってみてくださいね!




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。