セックスでダイエットできる「セクササイズ」って?

セックスでダイエット セクササイズの筋トレ効果

セックスで全身を引き締めてカロリーも消費!

セクササイズという言葉を知っていますか? 知らないという方も、激しいセックスをしたあとに筋肉痛になった経験がある人も少なくないのでは。

今、セックスによる筋トレやダイエット効果が注目されています。その理由は、セックスをして肉体的な快感を得ながら、健康的に手軽に引き締め効果が狙えるためです。
 

セックス1回の消費カロリーはごはん1杯分

セックスでダイエット セクササイズの消費カロリー

セックスがエクササイズになったら、一石二鳥?

セックスは、男女が全身を使っておこなう全身運動なので、1回のセックスでかなりのカロリーが消費されています。

そこまで激しくない動きで30分未満のセックスをした場合でも、男性で平均101kcal、女性で約70kcalが消費されます。これは、30分程度のジョギングに相当するエネルギー消費量です。
30分以上に及ぶ激しいセックスをした場合、その消費量はおよそ150~250kcalと言われていますから、たった一度でごはんお茶碗1杯分のカロリー消費をしていることになります。

少なく見積もって1回のセックスで-100kcalだとしても、週2回おこなっている人は月に-800kcal、年間-9600kcalをセックスだけで消費しているということになります。脂肪が1kg落ちるのが7000kcalの消費ですから、年間1kg以上のダイエットできることになるのです。

セクササイズはカロリー消費だけでなく、健康的に筋肉を鍛えて、ボディラインを引き締める効果があります。しかも、それぞれの体位、交わるときの角度や体勢によって、鍛えられる場所が違います。さまざまな体位で楽しみながらセクササイズしてみてください。
では、それぞれの体位によって、どこが鍛えられるかを見ていきましょう。
 

セクササイズの体位別効果
「正常位」で内ももと背中ヤセ

揚羽本手

揚羽本手(c)四十八手のセックスsex体位

・内もも
・背筋


M字開脚で仰向けに寝た状態で挿入するのが正常位。まずは、太ももの筋肉を意識しましょう。仰向けになって脚を広げる体勢は、日常生活ではなかなかしないので、意識するだけで引き締めになります。正常位でセックスするときに、少し腰を浮かせておこなうと、背筋を鍛えることもできますよ。正常位とひと言で言っても、角度や体勢によってまったく違うポイントを刺激できます。
 

セクササイズの体位別効果
「後背位(バック)」で二の腕と腰周りヤセ

・二の腕
出船後ろ取り

出船後ろ取り(c)四十八手のセックスsex体位


・骨盤底筋

後背位、つまりバックの代表的な体位は、女性が四つん這いになり、男性が後ろから挿入します。
女性は四つん這いで体重を両腕で支えますので、二の腕を引き締めることに有効です。また、彼に後ろから突き上げられるときに、腰にしっかり力を込めることで、骨盤底筋を鍛えることができます。骨盤の筋力アップによって、ゆがんだ骨盤を矯正したり、下半身への血流をよくしてむくみにくいカラダになれます。
 

セクササイズの体位別効果
「対面座位」で二の腕ヤセ&腹筋・ヒップアップ

地蔵抱き

地蔵抱き(c)四十八手のセックスsex体位

・腹筋
・二の腕
・お尻


向き合って座り、彼にしがみつくような体勢でセックスするのが対面座位。セックス中もコミュニケーションをとりやすく、彼との愛情を確認しやすい体位ですが、ややバランスが難しく動きにくい体位でもあります。
その不安定さを利用して、女性が主導権を握り、しっかり腹筋を意識しながら腰を動かしてください。足で彼をはさんだまま腰を振るのでお尻の筋肉や腹筋を鍛えることができますし、彼につかまっている腕は筋力アップにつながります。
 

セクササイズの体位別効果
「騎乗位」で太ももヤセと腹筋背筋シェイプ

月見茶臼

月見茶臼(c)四十八手のセックスsex体位

・腹筋
・背筋
・太もも


男性を仰向けで寝かせ、女性が上に乗って挿入する騎乗位は、どの体位よりも一番、体の引き締めには有効な体位です。なぜなら、全身の筋肉を使うことが求められるからです。

うまくバランスを取るには、背筋と腰の筋肉を使います。長時間にわたって騎乗位を続ける場合は、腹筋と背筋を意識してみてください。筋肉痛になるぐらいの負荷がかかっていることがわかることでしょう。

腰を支える太ももの筋肉の引き締めにも適しています。正常位に比べて、外側の太腿の筋肉を鍛えることができます。太ももの筋肉は、体の中で最も大きな筋肉なので、この部分の筋力アップは、代謝アップにも関係してきます。代謝が上がると、痩せやすく太りにくい体を作ることができるので、シェイプアップを考えているのなら、太ももも意識して動いてみてはいかがでしょうか。

女性が動かなければいけないので全身が疲れますが、自分でセックスの主導権を握れるため、最も感じやすい体位という意見もあります。
 

セクササイズは筋トレ効果だけじゃない!美容効果もアップ

そもそもセックスは、単純に性欲が満たされるというだけではなく、パートナーとのスキンシップにより、愛情を再確認し合ったり、愛する人と肌を触れ合わせることでストレス発散や幸福感を感じるという効果があります。実際に、定期的なセックスを行っているカップルのほうが喧嘩などの衝突が少ないそうです。

「いつでもできるから後回しにしよう」と、なんとなくセックスから遠ざかっているうちに、いつのまにか、最初の頃に感じていたはずの恋心や愛情も少しずつ薄れてきてしまった、という経験をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

他にも、「セックスできれいになる」と聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。実はこれには医学的な根拠が存在しているのです。セックスをしたときに体内では「恋愛ホルモン」と呼ばれるドーパミンや、女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されます。ドーパミンは代謝の活性化に関係しており、むくみの解消や免疫力向上につながります。また、エストロゲンは通常、女性の月経周期に合わせて分泌されますが、性的刺激によっても分泌が促進されます。こちらは「美肌ホルモン」とも呼ばれ肌のきめを整える作用を持っているのです。

もちろん、セックスをしなければいけない、という意味ではありません。セックスをするという関係でなくなっても、とても仲が良いカップルはたくさん見受けられます。けれども、愛する人とのセックスで、自分の体を見られたり、また、女性ホルモンが分泌されることで、見た目をより美しく、体を引き締めてくれるという効果も期待できますよ。

【関連記事】 【イラスト協力】
四十八手のセックスsex体位
江戸時代より続く「四十八手」の体位を、イラストを使ってわかりやすく解説。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。